@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

腎臓移植【じんぞういしょく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

腎臓移植
じんぞういしょく
kidney transplantation
腎臓に重大な障害のある人に他人腎臓移植すること。動物実験の積重ねを経て,1950年前後から臨床的に応用されるようになった。当初は1卵性双生児ので行われたが,現在では親兄弟の近親者,さらにはまったく他人から腎臓の提供を受けて,移植が行われている。他人の臓器を移植すると,ほとんどの場合に拒絶反応が起って,移植臓器だけでなく,移植を受けた患者生命も危険にさらされる。そこで,提供者と受者の間の組織適合性を検査して,最良の組合せを選ぶ必要がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

腎臓移植
腎不全の治療法。治療の歴史・実績共に、すべての臓器移植の中で最も充実している。日本では生体腎移植が主に行われている。国内には透析患者が約24万8200人(2004年12月末現在、日本透析医学会調べ)おり、そのうち約1万1450人が腎臓移植を希望している。しかし現実に行える移植件数は、年間150件前後(1995〜2005年)。05年は166件(いずれも日本臓器移植ネットワーク調べ)。
(今西二郎 京都府立医科大学大学院教授 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

朝日新聞掲載「キーワード」

腎臓移植
心臓や肝臓などと異なり、脳死状態だけでなく、心臓の停止後に取り出しても移植ができる。患者本人の臓器提供意思表示カードがなくても、家族の同意があれば提供は可能だ。腎臓は1人二つあり、一つでも機能する。臓器の状態がよければ1人の提供者から、2人に移植できる。親子夫婦間で行われる生体腎移植は通常一つを移植する。
(2007-01-14 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

栄養・生化学辞典

腎臓移植
 摘出した腎臓を他の人に移植すること.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じんぞういしょく【腎臓移植 renal transplantation】
末期腎不全などによって腎臓の機能が途絶したとき,他者の腎臓を移植して機能を代行させる方法。腎臓移植は1954年,アメリカボストンで一卵性双生児間で行われたものが最初の成功例である。しかしその後,拒絶反応によって失敗が相次いだ。ところが,60年代に入って免疫抑制剤が開発されて成功率も上昇し,現在では角膜移植に次いで多い臓器移植となっている。日本でも,欧米に比べて少ないものの,94年現在9800例を超え,毎年,約500例が行われている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

腎臓移植
じんぞういしょく

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

腎臓移植」の用語解説はコトバンクが提供しています。

腎臓移植の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation