@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【ジン】

デジタル大辞泉

じん【腎】[漢字項目]
常用漢字] [音]ジン(呉)
五臓の一。腎臓。「腎盂(じんう)腎炎腎虚副腎
大切な所。かなめ。「肝腎

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じん【腎】
腎臓のこと。「萎縮

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

むら‐と【腎】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じん【腎】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

じん【腎】
〘名〙
① 腎臓(じんぞう)のこと。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※浮世草子・武道伝来記(1687)五「経曰、一水不二火、一水(いっすい)(は)(ジン)也」 〔黄帝内経素問‐六節蔵象論〕
② 「じんすい(腎水)」の略。
※雑俳・川傍柳(1780‐83)三「学者虚して曰すくないかな腎」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

むら‐と【腎】
〘名〙 (院政期より「むらど」)
① 腎臓の古称。〔新訳華厳経音義私記(794)〕
② 転じて、心。心中。考え。
※万葉(8C後)四・七七三「言問はぬ木すら紫陽花諸弟等が練の村戸(むらと)にあざむかれけり」
[補注]②の「万葉集」の例は、「占戸(うらへ・うらと)」とする説もあるが、「うらへ」とする説は「へ」と、原文「戸」が上代特殊仮名遣上違例になるので誤り。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

腎の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation