@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

腓腹筋【ひふくきん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

腓腹筋
ひふくきん
gastrocnemius
下腿の後側にある強大な屈筋。内側頭は大腿骨の内側上顆,外側頭は外側上顆から起り,前者は外下方,後者は内下方へ下り,ヒラメ筋とともにアキレス腱を形成し,踵骨につく。作用は足を足底側に曲げ,またはを上げ,膝関節を曲げる。この関節を曲げる作用は補助的であって,逆にを伸ばした状態のほうが,この筋肉による作用が十分行われるという。主として白筋線維から成り,脛骨神経支配を受けている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ひふく‐きん【×腓腹筋】
下腿(かたい)の後ろ側にある屈筋ふくらはぎをつくる筋肉。大腿骨に始まり、下方は平目筋(ひらめきん)と合わさってアキレス腱となる。膝(ひざ)の屈曲や爪先立ちなどの運動に関与腓腸筋

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひふくきん【腓腹筋】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

腓腹筋
ひふくきん

下腿(かたい)のふくらはぎをつくる下腿三頭筋のうち、浅層の筋をいい、かつては腓腸筋とよんだ。

[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひふく‐きん【腓腹筋】
〘名〙 下腿部にある下腿三頭筋の一つ。左右一対あり、平目筋とともに屈筋として働き、合してアキレス鍵となり踵骨(しょうこつ)に付着する。腓腸筋。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

腓腹筋」の用語解説はコトバンクが提供しています。

腓腹筋の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation