@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

腕鰭類【わんきるい】

日本大百科全書(ニッポニカ)

腕鰭類
わんきるい
[学]Cladistia
硬骨魚綱Osteichthyes、条鰭(じょうき)亜綱Actinopterygii、腕鰭類に属する淡水魚類の総称。岐鰭(きき)類ともいう。分類上の階級(ランク)は軟質類、新鰭類とともに区であるが、亜綱にする研究者もいる。ポリプテルス目Polypteriformes(多鰭目)のみを含む。うきぶくろと相同の肺で空気を呼吸することができ、体が硬鱗(こうりん)で包まれるなど原始的な硬骨魚としての特徴を備える。デボン紀から独自の方向へ進化した一群である。体は細長く、背びれは多数の小さなひれからなり、胸びれの基部は肉質である。アフリカの熱帯地域の淡水に生息する短い体のポリプテルスPolypterus属(ビチャーbichir)に15種と、ギニア湾とその近辺の沿岸にだけ生息するウナギ形をしたエルペトイクティスErpetoichthys属(以前のカラモイクチスCalamoichthys属)にエルペトイクティス・カラバリクスE. calabaricus(リードフィッシュreedfish、またはロープフィッシュropefishともいう)1種だけが属する小さなグループである。しかし、古生代に栄えた魚の特徴を現在も保持しているので、「生きた化石」として興味がもたれている。[落合 明・尼岡邦夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

腕鰭類」の用語解説はコトバンクが提供しています。

腕鰭類の関連情報

関連キーワード

棘鰭類(きょっきるい)硬骨魚類真骨類条鰭類円鱗類狭鰭類原棘鰭類骨鰾類新鰭類正真骨類

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation