@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

腟トリコモナス症【ちつトリコモナスしょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

腟トリコモナス症
ちつトリコモナスしょう
vaginal trichomoniasis
トリコモナス腟炎ともいう。鞭毛虫である膣トリコモナスが腟内に寄生して起る炎症で,黄色で泡状の臭気を伴う帯下,瘙痒感,灼熱感などの症状を呈する。トリコモナスに対する腟坐薬を挿入するが,再発しやすく,慢性化しやすい。膣トリコモナスは膣以外に頸管,尿路,さらに男性では尿道に寄生することもある。男性は普通は症状を示さないが,治療は男女同時に行わないと相互移行による再発を繰返すことになる。 (→腟炎 )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちつとりこもなすしょう【腟トリコモナス症】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

腟トリコモナス症
ちつとりこもなすしょう
トリコモナス腟炎ともいい、原虫の一種である腟トリコモナスの感染によっておこる腟炎である。性行為感染症の一つとされているが、浴槽、便器、下着、浴用タオルなどに付着した帯下(たいげ)(おりもの)も感染源となる。症状としては、帯下が多くなり、外陰掻痒(そうよう)感を伴うほか、外陰部や腟部の灼熱(しゃくねつ)感および発赤、性交時疼痛(とうつう)などもある。とくに帯下の性状は特徴的で、牛乳様、希薄膿(のう)様の帯下にしばしば泡沫(ほうまつ)を混ずる。
 なお、腟トリコモナスは腟内だけでなく、尿道、バルトリン腺(せん)、頸管(けいかん)内などにも侵入するほか、相手の男性の性器や泌尿器、とくに前立腺内に長期間潜入し、性交による相互移行も行われ、再発の原因ともなる。したがって、治療としては、再発防止のため患者および配偶者に対して抗トリコモナス剤(メトロニダゾールやチニダゾールなど)を同時に経口投与する。ただし、妊婦に対しては内服を避け、抗トリコモナス剤含有腟錠を用いる。[新井正夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

腟トリコモナス症」の用語解説はコトバンクが提供しています。

腟トリコモナス症の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation