@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

腱鞘炎【けんしょうえん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

腱鞘炎
けんしょうえん
tendovaginitis
腱鞘という二重のさやで包まれているが,この腱鞘の炎症をいう。代表的なものは,結核性腱鞘炎のような細菌性の炎症と,狭窄性腱鞘炎のような機械的刺激による反応性の炎症である。結核性腱鞘炎は,局所の軽い脹と疼痛で始り,次第に手指の運動制限を起すが,最近はほとんどみられない。狭窄性腱鞘炎には,母指の過度の使用のため橈骨茎状突起部の腱鞘に起る,いわゆるドーケルバン病 (デケルバン病ともいう) のほか,ばね指などがある。治療には局所の安静副腎皮質ホルモン剤の局所注射,腱鞘切開手術などを行う。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

けんしょう‐えん〔ケンセウ‐〕【××鞘炎】
腱鞘との摩擦などで起こる炎症。指の使いすぎによるものが多く、患部に痛みと腫(は)れがある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家庭医学館

けんしょうえん【腱鞘炎】
 筋肉と骨とをつなぐ腱の外側を包んでいる腱鞘におこる炎症です。
 もっとも頻度が高いのは、腱鞘の中が狭くなるために腱のすべりが悪くなって摩擦がおこる狭窄性腱鞘炎(きょうさくせいけんしょうえん)です。
 おもな症状は疼痛(とうつう)と腫(は)れで、手をよく使う中年の女性に多く発生します。
 治療は、湿布やサポーターなどで手を安静に保ちます。痛みが強い場合は、痛む腱へステロイド(副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモン)剤を注射します。
 治りにくい場合は、狭くなっている腱鞘を切開し、すべりをよくする手術が行なわれます。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

世界大百科事典 第2版

けんしょうえん【腱鞘炎 tenosynovitis】
手足などにある長いには,腱の動きを滑らかに行わせるトンネル様の構造がある。これを腱鞘という。腱鞘は腱が骨を有効に動かすための滑車の役割をし,腱が脱臼しないように制動しているが,腱鞘炎とは,この腱鞘に起こる炎症である。腱鞘炎には化膿性のものや結核性のものもあるが,むしろまれで,リウマチ性のものや,過度の運動で非特異的に炎症が生じて起こるもの(タイピストやピアニストにみられる)が多くみられる。症状としては,圧痛があり,知覚異常や運動障害が起こる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

けんしょうえん【腱鞘炎】
腱鞘の炎症。局所の腫脹しゆちよう・疼痛とうつう・運動制限を呈する。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

腱鞘炎
けんしょうえん
手足の指骨に付着する長い腱にはトンネル構造の腱鞘があって腱の動きを潤滑にしている。この腱鞘の炎症を腱鞘炎という。日常多くみられるのは腱の使いすぎによって発生するド・ケルバンde Quervain腱鞘炎である。手をよく使う人、とくに婦人に多くみられ、手関節の母指側で長母指外転筋、短母指伸筋に発生することが多く、手関節の橈骨(とうこつ)側から前腕の橈骨側に、母指の運動時に疼痛(とうつう)がおこる。また、母指の運動時に音がする軋音(あつおん)性腱鞘炎や、腱鞘の肥厚が強くなって母指の屈伸が困難になる狭窄(きょうさく)性腱鞘炎もある。ひょうそで化膿(かのう)が腱鞘まで広がると化膿性腱鞘炎となる。結核性腱鞘炎もあるが、現在はまれなものとなった。なお、ばね指も腱鞘の慢性炎症で発生することがある。
 治療は、手をなるべく使わないようにすることが必要であり、副腎(ふくじん)皮質ホルモンの局所注射が奏効する。手術を要することは少ないが、狭窄性のものなどでは、腱鞘切開を行わなければ治らないことがある。[永井 隆]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

けんしょう‐えん ケンセウ‥【腱鞘炎】
〘名〙 腱と腱鞘との間に摩擦(まさつ)が起きて、そこに炎症が起こる病気。その多くは急性で、腱の走行にそって細長く腫れ、圧迫すると痛む。親指を多く使うキーパンチャー、ピアニストなどに多い。〔医語類聚(1872)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

腱鞘炎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

腱鞘炎の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation