@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

腹・肚【はら】

精選版 日本国語大辞典

はら【腹・肚】
〘名〙
① 動物の体のうち、胴の下半部。脊椎動物では、胸の横隔膜と腰の骨盤との間で、胃腸などを収めている部分。背に対して腹面をいう。また、胃腸。なお、背腹性を示す動物では、地面に面する側面をいう。
※古事記(712)下・歌謡「御諸(みもろ)の その高城(たかき)なる 大韋子が原 大猪子が波良(ハラ)にある 肝向かふ 心をだにか 相思はずあらむ」
② (「胎」とも書く) 母体の、子が宿るところ。また、そこに子が宿っていること。懐妊した腹。転じて、その女の胎内から生まれたことや、その生まれた人。動物などにもいう。特に、魚類で、一匹の魚の腹に入っている卵全体を「ひと腹」という。
※古事記(712)上「是に其の産殿、未だ葺き合へぬに、御腹(はら)の急(すみやか)なるに忍びず」
※宇津保(970‐999頃)藤原の君「いやしき人のはらに生まれ給へる帝の御子」
③ 祖先を同じくする血族。氏族。
※本朝月令(10C中か)四月「川辺腹男秦忌寸都理〈略〉田口腹女、秦忌寸知麻留女」
④ 腹を切ること。切腹。→腹を召す
※三河物語(1626頃)三「にはかにぎゃくしんをくわ立、丹波より夜づめにして、本なふ寺へ押寄て、信長に御腹をさせ申」
⑤ 心ばせ。心中。了見。心づもり。また、心の底。本心。
※白氏文集天永四年点(1113)三「心を推して人の腹(ハラ)に置くに在り」
⑥ 胆力。度胸。きも。また、度量。包容力。
※沢氏の二人娘(1935)〈岸田国士〉「そこは、男の方で腹を見せてやり給えな」
⑦ 腹が立つこと。立腹。
※雑俳・口よせ草(1736)「傾城と見替へられたが腹」
⑧ 物の中央部の広いところ。山の頂と麓(ふもと)の中間の部分や建造物の内部など、人体の腹にあたる部分とみなしていう語。
※海に生くる人々(1926)〈葉山嘉樹〉一「汽船万寿丸はその腹の中へ三千噸の石炭を詰め込んで」
⑨ 物のふくらんだところ。ふくれた面。壺などの器(うつわ)の中央のふくれたところ。
※延喜式(927)祝詞「の閉高知り、の腹(はら)満双めて」
⑩ 壺・びんなど、胴部のふくらんでいる容器。
※書紀(720)神代上(兼方本訓)「汝衆菓(このみ)を以て酒八甕(ハラ)を醸(か)め」
⑪ 船体の中央部。腰当(こしあて)。筒関。
⑫ 琴の中央部の空である方。琴の胴の裏面。
※歌儛品目(1818‐22頃)四「腹 槽の背面にして、下の方の総名なり」
⑬ 定常波で振幅が最大になっているところ。⇔節(ふし)。〔物理学術語和英仏独対訳字書(1888)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

腹・肚」の用語解説はコトバンクが提供しています。

腹・肚の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation