@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

腺癌【せんがん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

腺癌
せんがん
adenocarcinoma
腺を構成している細胞から発生する胃腸子宮胆嚢甲状腺乳腺などに発生するものは,ほとんどすべて腺癌である。腺上皮から発生した腫瘍細胞は,円柱状または立方状をして管腔を形成していることが多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せん‐がん【腺×癌】
各種臓器の分泌腺組織に発生する癌。また、癌細胞のような構造に配列している癌。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せんがん【腺癌】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

腺癌
せんがん

悪性上皮性腫瘍(しゅよう)すなわち癌腫(がんしゅ)(癌)を組織学的に分類した一型。癌細胞がある程度分化していて、癌実質の構造が一般的上皮構造に類似している群のうち、腺上皮に類似しているものを腺癌という。つまり、腺上皮に類似した癌細胞が管腔(かんくう)を囲んで腺様構造を示すもので、癌細胞の形によって、円柱上皮癌、立方上皮癌とに分けられ、さらに腺状構造の型によって、管状腺癌、腺房状腺癌、濾胞(ろほう)状腺癌、乳頭状腺癌とに分類される。

 腺癌の母組織は腺(ある種の物質を分泌・排泄(はいせつ)する細胞組織)であるため、腺上皮・腺を含む組織および臓器のすべてから発生するが、とくに胃、腸、肺、乳腺、甲状腺、子宮などに好んで発生する。腺癌に相当する腺の良性腫瘍は腺腫というが、このうち、生物学的に悪性の状態を示すものを悪性腺腫とよび、腺癌と区別する場合もある。腺癌の一部に扁平(へんぺい)上皮様構造を有するものを腺類癌、粘液分泌が著明なものを膠様(こうよう)癌という。

[渡辺 裕]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

腺癌」の用語解説はコトバンクが提供しています。

腺癌の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation