@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

腺腫【せんしゅ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

腺腫
せんしゅ
adenoma
アデノーマともいう。上皮細胞から発生する腫瘍で,一般に良性のもの。甲状腺乳腺に最もよくみられ,被膜でおおわれた球状結節を示すことが多いが,真の腫瘍かどうかを問題にする学者もある。過形成との区別は被膜があるか否かによる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せん‐しゅ【腺腫】
分泌腺の細胞が増殖してできる良性腫瘍(しゅよう)甲状腺・胃腸などに生じる。アデノーマ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せんしゅ【腺腫】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

腺腫
せんしゅ

乳頭腫とともに良性の上皮性腫瘍(しゅよう)の群に属する腫瘍で、胃、腸管、乳腺、卵巣、甲状腺などにしばしば発生する。肉眼的には臓器などの内部に発生する結節状のもの、および粘膜の表面に発生するポリープ状のものがある。組織学的には腺管構造の形によって管状腺腫、腺房状腺腫、濾胞(ろほう)状腺腫に分類され、腺管内の分泌物の性状によって漿液(しょうえき)性腺腫、膠質(こうしつ)性腺腫、偽粘液性腺腫などに区別するのが常である。また、分泌物の貯留が高度で腺管が拡大した状態のものを嚢胞(のうほう)腺腫、腫瘍細胞が腺腔(せんくう)内に向かって乳頭状に増殖しているものを乳頭状腺腫とよぶ。さらに乳腺に発生する腺腫では、基質である結合織の増殖も著明であることが多く、とくに線維腺腫とよばれるが、これはさらに、結合織が腺管を取り巻いて増殖する型(管周囲性線維腺腫)と、腺管の腔内に向かって結合織が増殖する型(管内性線維腺腫)とに分けられる。

[渡辺 裕]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せん‐しゅ【腺腫】
〘名〙 生物体内にあって分泌作用を営む器官である腺の細胞が増殖してできる良性腫瘍(しゅよう)。多くは胃腸、子宮の粘膜に生じる。〔厚生新編(1811‐39頃)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

腺腫」の用語解説はコトバンクが提供しています。

腺腫の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation