@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

膜鳴楽器【まくめいがっき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

膜鳴楽器
まくめいがっき
membranophone
ホルンボステル=ザックス楽器法の一分科。を張り,その振動によって発する楽器で,ドラム類をさす。ヨーロッパでは,ティンパニ大太鼓,中太鼓,小太タンブランなどが代表的であるが,南米のコンガボンゴ,中国の鼓類,インドのタブラ,ムリダンガ,ドール,アラビアのナッカーラダラブッカ,日本の雅楽用大太鼓 (だだいこ) ,三の鼓 (つづみ) ,羯鼓 (かっこ) ,能楽囃子用の大鼓 (おおつづみ) ,小鼓,歌舞伎用の大太鼓 (おおだいこ) ,大拍子 (だいびょうし) ,かんから太鼓,宗教用の神楽太鼓,柄太鼓などもこの類に入る。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

まくめい‐がっき〔‐ガクキ〕【膜鳴楽器】
強く張った膜状のものの振動によって音を発する楽器の総称大部分はたたいて音を出す太鼓の類。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

まくめいがっき【膜鳴楽器】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

まくめいがっき【膜鳴楽器】
楽器の分類用語。強く張った膜を衝撃(打つ・こする)により振動させて音を発する楽器。大部分は鼓や太鼓の類。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

膜鳴楽器
まくめいがっき
membranophone 英語 フランス語
Membranophonドイツ語
ホルンボステル‐ザックスの楽器分類法(MHS方式)で、しっかり張った膜によって音を出す楽器。奏法により、次の四つに下位分類される。(1)打奏太鼓 膜を直接打ち、たたくもの(ティンパニ、タンバリン、でんでん太鼓など)。(2)摘奏太鼓 膜の中央に弦を結んであり、弦の振動で膜を振動させるもの(インドのコモックとゴピ・チャンドラなど)。(3)擦奏(さっそう)太鼓 手で直接、あるいは棒や紐(ひも)などを介して膜をこするもの(ヨーロッパのロメルポットなど)。(4)歌奏太鼓 膜に歌いかけたり話しかけたりすることで膜を振動させ、声に響きをつけるもの(朝鮮の大(たいきん)、中国の明笛(みんてき)など)。[前川陽郁]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

まくめい‐がっき ‥ガクキ【膜鳴楽器】
〘名〙 楽器の形態上の分類の一つ。ドラム、ティンパニ、タンバリンなどのように打ち鳴らして演奏する、皮膜を張った楽器の総称。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

膜鳴楽器」の用語解説はコトバンクが提供しています。

膜鳴楽器の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation