@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

膝関節【しつかんせつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

膝関節
しつかんせつ
knee joint
大腿下端脛骨上端の間にあるちょうつがい関節膝蓋骨の後面が前方からこの関節に加わっている。大腿骨下端,脛骨上端とも関節面は内側顆外側顆に分れているが,大腿骨下端では前面でそれらが合体して中央に鞍状の蓋面をつくり,膝の屈伸に伴って膝蓋骨の関節面がこの面上を上下に移動する。脛骨の内側顆と外側顆の上面にはそれぞれ内側半月と外側半月という線維軟骨性の不完全な関節円板があり,大腿骨の下端に適合した関節窩をつくっている。関節内には前十字靭帯と後十字靭帯が大腿骨と脛骨の間に張っており,2骨を固く結んでいる。関節包は前面を膝蓋靭帯,内側面および外側面をそれぞれ内側側副靭帯および外側側副靭帯によって補強され膝関節の横ブレを防いでいる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しつ‐かんせつ〔‐クワンセツ〕【膝関節】
ひざの関節。膝蓋骨(しつがいこつ)大腿骨(だいたいこつ)脛骨(けいこつ)から成り、人体の関節では最も大きい。ひざの屈伸を行う。ひざかんせつ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひざ‐かんせつ〔‐クワンセツ〕【膝関節】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひざかんせつ【膝関節】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しつかんせつ【膝関節】
大腿だいたい骨と脛けい骨の、および膝蓋しつがい骨の間にある関節。膝ひざの屈伸にかかわる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しつ‐かんせつ ‥クヮンセツ【膝関節】
〘名〙 大腿(だいたい)と下腿との間にある関節。膝の屈伸作用を行なう。〔医語類聚(1872)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

膝関節」の用語解説はコトバンクが提供しています。

膝関節の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation