@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

膿尿【のうにょう】

日本大百科全書(ニッポニカ)

膿尿
のうにょう

正常な人の尿中にも少数の白血球が認められるが、これが病的に増加した状態を膿尿といい、腎(じん)、膀胱(ぼうこう)、尿道などの尿路に感染がある場合にみられる。新鮮な尿を遠心分離して上澄みを除いたあとに残った尿沈渣(ちんさ)を顕微鏡で観察し、400倍の視野に毎視野5個以上の白血球を認めた場合に膿尿と判断されるが、より正確には1時間当りの尿中白血球排泄(はいせつ)量が40万個以上、または尿1ミリリットル中10個以上の場合を病的と考える。

[河田幸道]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

のう‐にょう ‥ネウ【膿尿】
〘名〙 膿(うみ)のまじった尿。〔医語類聚(1872)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

のう‐にょう〔‐ネウ〕【×膿尿】
白血球のまじった尿。尿路炎症のある場合にみられる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

膿尿」の用語解説はコトバンクが提供しています。

膿尿の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation