@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

臣民【しんみん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

臣民
しんみん
一般に君主国において君主支配対象とされる者をいい,日本では,通例大日本帝国憲法下における皇族以外の国民を称し,天皇への絶対的服従がその規範であった。日本国憲法で主権在民が宣せられ,民の語は消えた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しん‐みん【臣民】
君主国において、君主の支配の対象となる人々。明治憲法下において、天皇・皇公族以外の国

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しんみん【臣民 subject】
一般的には,君主主権のもとで,君主に支配されている国民を指す。たとえば日本の明治憲法には,〈日本臣民タルノ要件ハ法律ノ定ムル所ニ依ル〉(18条)とあって,天皇と皇族以外の日本人はすべて臣民と呼ばれた。国民主権が成立し,民主主義普遍化するとともに,臣民は国民にとって代わられ,一般的な用語としてはほとんど用いられなくなる。しかし,西欧の歴史においては,近代的な国民形成の出発点として重要な意味をもっていた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しんみん【臣民】
君主国において、君主に支配されるものとしての人民。旧憲法下において、天皇および皇族を除いた国民。臣。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

臣民
しんみん
君主国において、国王たる君主の支配する対象者が臣民と称される。日本の場合、明治憲法下において国民は臣民とよばれた。近代の市民国家や現代の民主国家においては市民とか国民であり、一定の政治的参政権を有し、公式的には主権者たる地位が確保されている。臣民たる個人は国家や全体に対して従属的なものであり、忠誠心が要請されており、市民的自由の概念と対比される。[福岡政行]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しん‐みん【臣民】
〘名〙 臣としての人民。君主国の人民。また、旧憲法のもとで、天皇、皇・公族以外の者。
※正法眼蔵(1231‐53)帰依三宝「大師釈奠所説の諸経のなかには、法華経これ大王なり、大師なり、余経余法は、みなこれ法華経の臣民なり、眷属なり」
※停戦の詔書‐昭和二〇年(1945)八月一四日「朕深く世界の大勢と帝国の現状とに鑑み非常の措置を以て時局を収拾せむと欲し茲に忠良なる爾臣民に告ぐ」
[語誌]近世までの例は少ないが、幕末より政治に関する著述、論文に登場するのを始め、明治期に入って、政府の統制強化を背景に、詔勅と憲法の用語としてさかんに用いられた。第二次世界大戦敗戦直後の、国家体制の改革にともない、昭和二一年以降一般には用いられなくなった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

臣民」の用語解説はコトバンクが提供しています。

臣民の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation