@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

臥竜【ガリョウ】

デジタル大辞泉

が‐りょう〔グワ‐〕【×竜】
臥(ふ)してうずくまっている竜。
《「蜀志」諸葛亮伝から。天にも昇る勢いや能力をもちながら、じっと横になって寝ている竜に、蜀(しょく)諸葛亮(しょかつりょう)をたとえたもの》すぐれた能力をもちながら、世に知られていない人物。「臥竜鳳雛(ほうすう)」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

がりょう【臥竜】
三国志 蜀書諸葛亮伝
かくれて世に知られないでいる大人物。在野の傑物。 → 伏竜ふくりよう

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

故事成語を知る辞典

臥竜
すぐれた能力をもちながら、世に知られていない人物のたとえ。

[使用例] そなたが、城をまもり国を樹立するには、竜をさがし出さずばなるまい。数百年に一度出るか出ないような臥竜をな[柴田錬三郎*戦国旋風記|1958]

[由来] 「三国志しょく書―しょかつりょう伝」のエピソードから。三世紀初め、放浪の暮らしを送っていた豪族、りゅうは、有能な補佐役を探し求めていました。そんなとき、じょしょという賢者が、「諸葛孔明は、臥竜なり(諸葛孔明という人物は、水底に隠れ臥しながら、天に昇る機会をうかがっている竜のような人材です)」と言って、諸葛亮(通称は孔明)と会うように勧めます。そこで劉備は、「三顧の礼を尽くして諸葛亮を補佐役に迎えます。彼の「天下三分の計に従った劉備は、飛躍を遂げ、蜀王朝を開くことになったのでした。

[解説] 「がりゅう」とも読みます。

出典:故事成語を知る辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

臥竜」の用語解説はコトバンクが提供しています。

臥竜の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation