@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

臨済宗【りんざいしゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

臨済宗
りんざいしゅう
臨済開祖とする仏教宗派で,中国禅宗五家七宗の一つ。第7祖石霜楚円のとき,門下の楊岐方会による楊岐派と,黄龍慧南に始まる黄竜派に二分したが,曹洞宗雲門宗などに対抗して長く後代に伝わった。日本では栄西が建久2(1191)年に黄竜派の法を伝え,聖福寺,建仁寺を建てて,円・密・の三宗兼学の道場としたのに始まる。楊岐派は俊芿が建暦1(1211)年に法を伝え,泉涌寺において戒律と並んで禅法を広めたのをはじめとし,禅宗 24流のうち,20流までが楊岐派の系統になるにいたった。明治以後に各派はそれぞれ管長をおいて独立し,おもな宗派は天竜寺派相国寺派建仁寺派南禅寺派妙心寺派建長寺派東福寺派大徳寺派円覚寺派永源寺派,方広寺派,国泰寺派,仏通寺派,向嶽寺派の 14寺派を数え,妙心寺派が最も大きい。末寺は合わせて六千余寺。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

りんざい‐しゅう【臨済宗】
禅宗一派臨済義玄を開祖とし、のち黄竜派楊岐派が立ち隆盛に導いた。日本には栄西が黄竜派の法を受けて建久2年(1191)に帰国、初めて伝えた。参禅問答による自己究明を宗風とする。現在は、天竜寺派・相国寺(しょうこくじ)派・建仁寺派・南禅寺派・妙心寺派・建長寺派・東福寺派・大徳寺派・円覚寺派・永源寺派・方広寺派・国泰寺派・仏通寺派・向嶽寺派の14寺派、および相国寺派から分かれた興聖寺派がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りんざいしゅう【臨済宗】
禅宗五家(ごけ)の一つ。中国唐代の禅宗は,大して玉泉神秀(ぎよくせんじんしゆう)の北宗禅と曹渓慧能(そうけいえのう)の南宗禅の2流に分けられるが,漸悟を説く北宗禅は早く衰微した。これに対し,頓悟を説く南宗禅では,青原行思(せいげんぎようし),南岳懐譲(なんがくえじよう)らの逸材が輩出し,青原の門流から曹洞(そうとう)・雲門・法眼(ほうげん)の3宗,南岳の系統から臨済・潙仰(いぎよう)の2宗が生まれ,これを五家という。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

りんざいしゅう【臨済宗】
禅宗の一派。開祖は唐の臨済義玄。のち楊岐・黄竜二派に分かれた。鋭く厳しい宗風をもち、公案の工夫による修行を重視。日本では鎌倉初期に入宋した明庵栄西みようあんえいさいが黄竜派の禅を伝えたのに始まる。その後の伝来は楊岐派の系統が圧倒的。鎌倉・室町時代に大いに興隆し、室町幕府は五山の制をつくって保護した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

臨済宗
りんざいしゅう
中国と日本の、仏教の一派。曹洞(そうとう)、黄檗(おうばく)の2宗にあわせて、禅宗と総称される。唐(とう)末の人、臨済義玄(ぎげん)を祖とし、参禅問答による自己究明を宗旨とする。日本では鎌倉時代以後、宋(そう)朝の臨済宗が伝えられ、栄西(えいさい)の建仁寺(けんにんじ)、蘭渓道隆(らんけいどうりゅう)の建長寺、無学祖元(むがくそげん)の円覚寺(えんがくじ)、円爾弁円(えんにべんえん)の東福寺など、14本山を数え、末寺数は約7000、信徒3万といわれる。江戸初期に始まる本末再編、檀家(だんか)制度の定着で、各派ともに教団としては特色を失うが、妙心寺の関山慧玄(かんざんえげん)の正法を受ける白隠慧鶴(はくいんえかく)の活動と、その門下の師家たちが、厳しく各派の専門道場を守り、一個半個の後継者育成に努め、早くより海外に知られる近代日本仏教として、高く評価されるようになった。[柳田聖山]

歴史


中国
臨済義玄と弟子たちの動きは、唐末五代の戦火でいったん不明となるが、7代目の慈明楚円(じみょうそえん)(986―1039)が湖南に道場をおこし、その弟子黄竜慧南(おうりょうえなん)(1002―69)と楊岐方会(ようぎほうえ)(992―1049)の2人が、広く士大夫の帰依(きえ)を得て、江西の地に宗旨を再編する。慧南の仕事は、唐中期の馬祖道一(ばそどういつ)に始まる洪州(こうしゅう)宗の正系として、臨済の禅を歴史化し、『四家録』を編集して、馬祖の道場のあった江西北部に教線を張ったこと、とくに名公の参禅を得て、文字禅の宣揚に努めたことだが、楊岐方会とその弟子たちは、長江北岸の四祖山や五祖山など、馬祖以前の古道場を再興し、達磨(だるま)以来の古則公案(こうあん)の総合に努め、やがて趙州無字(じょうしゅうむじ)の公案による見性(けんしょう)体験の体系化に成功するに至る。楊岐4代の圜悟克勤(えんごこくごん)は、『碧巌録(へきがんろく)』の提唱で知られ、やや文字禅の傾向があるが、その弟子大慧宗杲(だいえそうこう)は『碧巌録』の版木を焼いたといわれ、文字禅を厳しく退けるとともに、坐禅(ざぜん)と黙照(もくしょう)に傾く曹洞宗の禅を批判し、徹底して見性大悟を主張した。ちょうど北宋(ほくそう)末より南宋遷都のときで、急進的国粋主義の動きが強まって、首都臨安(りんあん)を中心とする五山十刹(ござんじっせつ)制の確立は、大慧の弟子たちの入内(にゅうだい)説法と関係し国祚長久(こくそちょうきゅう)を祈る禅僧の自主規制とみられる。黄竜派が早く法系を失ったのち、宋朝臨済禅の代表となる楊岐派は、そうした公案禅の体系と、五山十刹制度をもたらして、やがて日本に伝来するのであり、一種の海外亡命であった。[柳田聖山]
日本
鎌倉と京都を中心に、武家や皇室の帰依で、次々に創せられた禅刹(ぜんさつ)は、のちに室町幕府の成立とともに、夢窓疎石(むそうそせき)を開山とする、天竜寺と相国寺(しょうこくじ)を軸に再編され、新しい五山十刹制下に置かれた。日本臨済宗の主流は、大慧とともに圜悟に次ぐ、宋朝臨済宗の少数派であった虎丘紹隆(こきゅうじょうりゅう)(1077―1136)の系統である。江戸時代の初め、隠元隆(いんげんりゅうき)の来朝を期として、従来は五山の外に置かれた大徳寺と妙心寺の新しい動きから、中国・日本の禅の流れを総括し、24流とする説が現れる。栄西の黄竜宗、道元の曹洞宗、その他を除くと、約20流が虎丘下に属する。虎丘の宗旨が日本の好みに応じたのであり、白隠の公案禅はその集大成といえる。[柳田聖山]

教義

日本における臨済宗の発展は、公案禅を踏まえる、宋朝文明の日本化とされる。たとえば、修行と悟りの過程を、牧童が牛を訓練するのに例え、10枚の絵と歌によって説く、2種類の「十牛図頌(じゅうぎゅうずじゅ)」がある。ともに北宋中期のものだが、一はおもに中国で流行し、一は日本だけに受容された。前者は牛を飼いならし終わって、牧童が牛とともに天に昇り、その姿を消し去るところを理想とし、一個の円相で示す。後者はこれを第八位に引き下げ、第九位に花咲き水流れる自然を、第十位に布袋を担いで町角に立つ人物を描いて、これを悟りの生きざまとする。とりわけ、前者の最後の円相を、後者が10枚の絵の背後に置くのは、頓悟(とんご)的な見性体験と、その日常化の思考を示すもので、これが日本民族の好みとなる。京都の禅寺を中心に五山文学や書跡、水墨美術をはじめ、茶の湯、能楽、建築、庭園など、日本で日常生活に即した禅文化の発生をみるのも、理由のないことではない。[柳田聖山]
『柴山全慶著『臨済の禅風』(1970・春秋社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

りんざい‐しゅう【臨済宗】
〘名〙 禅宗の一派。唐の臨済に始まり、日本では、後鳥羽天皇の文治三年(一一八七)に入宋した僧栄西が、建久二年(一一九一)帰朝して広めた。建仁寺派・建長寺派・円覚寺派・東福寺派・南禅寺派・天龍寺派・大徳寺派・妙心寺派・永源寺派などの別がある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

臨済宗
りんざいしゅう
中国,唐代の禅僧臨済義玄 (りんざいぎげん) によって9世紀中ごろ開宗され,栄西によって12世紀末日本にもたらされた禅宗の一派
坐禅を組みながら師の与える公案 (こうあん) を解決して悟りに達する(看話禅 (かんなぜん) )。鎌倉新仏教の一つとして主として上層武士間に広まり,鎌倉・室町時代には幕府支持により,京都・鎌倉の五山を中心に隆盛をきわめた。江戸中期に白隠慧鶴 (はくいんえかく) が出,明治時代以後諸派に分かれ,現在14派に分立している。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

臨済宗」の用語解説はコトバンクが提供しています。

臨済宗の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation