@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

臨界レイノルズ数

法則の辞典

臨界レイノルズ数【critical Reynolds' number】
層流から乱流へ変化するときのレイノルズ数*をいう.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

臨界レイノルズ数
リンカイレイノルズスウ
critical Reynolds number

レイノルズ数が小さいときには慣性力に対して粘性力が支配的となり,流れのはじめの部分にたとえ乱れがあっても粘性によって漸次衰,消滅し,流れは整然とした層状流れ(層流)となる.このようにどれほど乱れを与えても,あるレイノルズ数以下では乱れが減衰して,決して乱れが大きくならない限界が存在する.このときのレイノルズ数を臨界レイノルズ数という.円管内の流れでは,この値は通常,2300程度であるが,管入口が滑らかで十分な丸みをもち,流入流体にも乱れがない場合には,たとえば数万というように,大きなレイノルズ数まで層流状態を保てる.しかし,これはきわめて不安定で,わずかな振動によっても乱流に変わる.物体表面上に形成される境界層においても,レイノルズ数がある値以上になると層流境界層から乱流境界層へ遷移する.鋭い前縁を有する平板で普通の乱れの場合には,臨界レイノルズ数は3.5×105~10×106 程度である.なお,球,そのほかの物体が流れのなかに置かれているときに示す抵抗は,直径基準のレイノルズ数が(2~5)×105 付近で急激に減少する.この場合のようなレイノルズ数も臨界レイノルズ数といわれる.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

臨界レイノルズ数」の用語解説はコトバンクが提供しています。

臨界レイノルズ数の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation