@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

自他【ジタ】

デジタル大辞泉

じ‐た【自他】
自分と他人。自分と自分以外の者。「自他ともに認めるところだ」
仏語。自力と他力。
自動詞と他動詞。
これとあれ。
「和漢の礼義をととのへて―の記録に闇(くら)からず」〈保元・上〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じ‐た【自他】
〘名〙
① 自分と他人。我と人。彼我(ひが)
※性霊集‐七(835頃)僧寿勢入先師忌日料物願文「混物我之多一レ諍、証自他之不二
※死霊‐三章(1946‐48)〈埴谷雄高〉「ただひたすら自他を圧服する力のみを」
② 対立、対応している両者。双方。彼我。
※太平記(14C後)三九「我等が頸を御引出物に進するか、御頸どもを餞に給るか、其二の間に自他の運否を定め候ばや」
③ あれとこれ。あれこれ。
※保元(1220頃か)上「和漢ともに人にすぐれ、礼義を調へ、自他の記録にくらからず。文才世にしられ、諸道に浅深をさぐる」
④ 仏語。自力と他力。
※親鸞聖人消息(13C中)善性本・五「かれは自力也。これは他力なり。自他(ジタ)のかわりこそ候へども、因位のくらゐはひとしといふなり」
⑤ 連歌・俳諧で、自己の感想、動作、生活などについての表現をいう自と、他人のそれをいう他。この句を適切に連接配置するのが付合の上で重要視された。
※俳諧・山中問答(1689)附録北枝叟考「中の句人情なき時は、自他をふりわけて句作すべし。いか様に転じても中の句を両方にてみるなり」
⑥ 文法で、自動詞と他動詞。また、自称と他称。
※国語のため(1895)〈上田万年〉本居春庭伝「『詞の通路』が動詞に自他の別あることを指摘してより以来」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

自他」の用語解説はコトバンクが提供しています。

自他の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation