@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

自分【ジブン】

デジタル大辞泉

じ‐ぶん【自分】
[代]
反射代名詞。その人自身。おのれ。「自分を省みる」「自分の出る幕はない」「君は自分でそう言った」
一人称人代名詞。われ。わたくし。「自分がうかがいます」
[補説]江戸時代、「御自分」の二人称の人名詞としても用いられた。現代では「自分、昼飯すませたか」のように、大阪方言の会話で、自分と同等の者に対する親しみを表す二人称として用いられることがある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

じぶん【自分】
反照代名詞。話し手・聞き手・第三者のいずれにも用いる。その人自身。 -で行くしかないと思った -のことは-でやれ
一人称。多く男性が改まったときに用いる。わたくし。 -の責任であります -は何も知りません 関西を中心に二人称で使われることがある。-が言うたやないか
[句項目] 自分と 自分ながら

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じ‐ぶん【自分】
〘代名〙
① (反射指示) その人自身。自己。自身。〔文明本節用集(室町中)〕
※浄瑠璃・関八州繋馬(1724)三「じぶんの伺候か但しお使者か御舎弟出羽の冠者頼平のおわびならば無用」
② 自称。わたくし。多く、男性が改まったときに用いる。また、もと日本の軍隊で、自称に用いられた。
※満済准后日記‐応永三二年(1425)一二月二日「方々御巻数同以越州之。自分又同前」
※咄本・初音草噺大鑑(1698)二「自分はしらしぼり伽羅の進と云者なり」
③ 対称。「御自分」「御自分様」の形で用いられた。→ごじぶんごじぶんさま
[補注]③の用法は中世末武士詞の「御自分」や「貴様」に代用する「御自分様」に見られ、「自分」に「御」がつくかどうかで二人称と一人称とに使い分けられていた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

自分」の用語解説はコトバンクが提供しています。

自分の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation