@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

自動方向探知機【じどうほうこうたんちき】

世界大百科事典 第2版

じどうほうこうたんちき【自動方向探知機 automatic direction finder】
HADFと略称される。地上の無指向性無線標識局(NDB)から発射される無指向性の電波を受信して,自動的にその発信源の方向を探知する装置で,その発信源,すなわち無線局が航空機の機首方向に対して何度の角度の方向に存在するかということが計器のうえに示される。したがって,機首の方向を無線局の方向に一致させるように飛行すれば,たとえ地上が視認できないような天候下でも自動的にその無線局の上空へ到達できるし,さらにそこを通過した後,すなわち無線局が背後に遠ざかりつつある場合も自機との方位関係を知ることもできる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

自動方向探知機
じどうほうこうたんちき

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

自動方向探知機」の用語解説はコトバンクが提供しています。

自動方向探知機の関連情報

関連キーワード

視空間無線方位測定機心霊現象ADFADF航法自動列車制御装置ATCエーアールキューエッカート

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation