@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

自動車運送事業【じどうしゃうんそうじぎょう】

世界大百科事典 第2版

じどうしゃうんそうじぎょう【自動車運送事業】
道路運送事業の一種で,道路運送法第2条によれば,〈他人の需要に応じ,自動車を使用して旅客を運送する事業及び自動車(軽自動車を除く)を使用して貨物を運送する事業〉をいう。ちなみに道路運送事業とは,自動車運送事業,自動車道事業,自動車運送取扱事業,軽車両等運送事業を総称していう(同法第2条)。自動車運送事業は同法第3条により次のように分類される。(1)一般自動車運送事業 (a)一般乗合旅客自動車運送事業(路線を定めて定期に運行する自動車により乗合旅客を運送する事業で,定期バスとか路線バスと呼ばれる),(b)一般貸切旅客自動車運送事業(貸切バスと呼ばれる),(c)一般乗用旅客自動車運送事業(一個の契約により乗車定員10人以下の自動車を貸し切って旅客を運送する事業で,いわゆるハイヤータクシーをいう),(d)一般路線貨物自動車運送事業(路線を定めて定期に運行する積合運送であり,路線トラックとか定期便と呼ばれる),(e)一般区域貨物自動車運送事業(路線運送以外の貨物運送)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

自動車運送事業
じどうしゃうんそうじぎょう
有償・無償を問わず、他人の需要に応じ、自動車を使用して旅客を運送する事業、および軽自動車を除く自動車を使用して貨物を運送する事業。道路運送法(昭和26年法律183号)により規制されていたが、運輸事業の規制緩和の流れのなかで制定された貨物自動車運送事業法(平成1年法律83号)により、自動車運送事業は貨物自動車運送事業と旅客自動車運送事業とに明確に区別されることとなった。[天野和治]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

自動車運送事業」の用語解説はコトバンクが提供しています。

自動車運送事業の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation