@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

自家移植【じかいしょく】

世界大百科事典 第2版

じかいしょく【自家移植】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

自家移植
じかいしょく

個体内にある組織または臓器を同一の個体内の別の個所に移植すること。自己移植あるいは自家組織移植ともいう。熱傷を負った皮膚へほかの健全な部位を移植する自家皮膚移植、狭心症の改善や心筋梗塞(こうそく)の予防目的で、狭窄(きょうさく)や閉塞のある冠動脈の先に個体内の別の血管をつなげて血流のバイパスをつくる冠動脈・大動脈バイパス術、甲状腺腫瘍(こうじょうせんしゅよう)で甲状腺を全摘もしくは亜全摘した際の副甲状腺移植などがある。ほかに、腎(じん)臓を腎動脈ごと体外に取り出し腫瘍摘出などの手術後に再び体内にもどす自家腎移植、乳癌(がん)の根治手術で乳房を切除した後の乳房再建術として行われる自家組織移植などがある。

 これに対して、自己以外の個体の組織の一部を自己の個体に移植するものを他家(たか)移植という。また、同じ遺伝子をもつ一卵性双生児間などで行う移植を同系移植、ヒトとヒトなど同じ種間で行う移植を同種移植、ヒトと別の霊長類など異種間で行う移植を異種移植とよぶ。自家移植は自己の個体内で行われる移植であるため、同系移植も含めて血流が良好に保たれれば移植片の生着率はきわめて高く、移植後に免疫学的な拒絶反応がおこることはほとんどないが、同種移植や異種移植では拒絶反応の可能性を否定できない。

[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じか‐いしょく【自家移植】
自分自身の細胞や組織を移植すること。→他家移植

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

自家移植」の用語解説はコトバンクが提供しています。

自家移植の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation