@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

自己インダクタンス【じこインダクタンス】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

自己インダクタンス
じこインダクタンス
self-inductance
回路電流変化によって自分自身に生じる起電力の大きさを表わす量。単位はヘンリー自己誘導係数ともいう。コイルに電流 I を流すと,コイルの鎖交磁束数 Φ (コイルの巻数とコイルを貫く磁束との積) は電流に比例し,ΦLI と書ける。 L を自己インダクタンスと呼ぶ。コイルの巻数,寸法,周囲の媒質によって定まる定数で,前述の関係式によって計算することができる。電流 I が時間とともに変化すると,コイルを貫く磁束も変化するので,電磁誘導の法則により,e=-/dt=-LdI/dt の起電力がコイルに発生する。すなわち自己インダクタンス L のコイルは,電流変化が1秒間に 1A のとき,L ボルトの逆起電力を生じる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じこ‐インダクタンス【自己インダクタンス】
一つの電気回路自己誘導があるとき、誘導起電力は回路内に流れる電流の時間的変化に比例するが、このときの比例定数のこと。自己誘導係数。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

自己インダクタンス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

自己インダクタンスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation