@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

自己意識【ジコイシキ】

デジタル大辞泉

じこ‐いしき【自己意識】
自分自身についての意識。外界他者と区別された自我として自分を意識すること。自覚自意識

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じこいしき【自己意識】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

自己意識
じこいしき
self-conciousness 英語
Selbstbewußtsein ドイツ語
conscience de soi-même フランス語

自己自身を志向的対象とするような意識の総称。近代ヨーロッパ哲学で原理的な役割を占めたことばである。中世的な神中心の思想から人間主体を中心に考えていく際に、哲学的な概念としては自己意識が使われた。発端はデカルトの「われ思う、故にわれ在り」の思想で、いっさいの疑いを克服する確実なものの根拠が人間の自己意識に据えられた。カントにおいては、この「われ思う」という自己意識の統一性が、多様な表象を一つのまとまりある経験へもたらすものとして位置づけられた。カントの自我概念はフィヒテに至ってさらに首尾一貫化されて全面化され、ヘーゲルへと受け継がれていった。

 ヘーゲルにおいては、自己意識の自我が、私一個人の個別的な意識から普遍的な意識にどのように達しうるかが正面から提起されるようになった。こうして人間の主体性に真理の根拠を探るという近代哲学の流れは、自己意識の普遍性の成立を求めて相互主観性の問題へと進み、イデオロギー、言語、生活世界といったものへと探究の方向を向けることになった。

[佐藤和夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じこ‐いしき【自己意識】
〘名〙 外的事物や他者と区別された自分自身であるという意識。また、自己の本性や能力、およびその限界についての認識。自意識。自覚。
※哲学概論(1900)〈桑木厳翼〉二「自己意識の進歩と共に哲学は進歩す」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

自己意識」の用語解説はコトバンクが提供しています。

自己意識の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation