@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

自己疎外【じこそがい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

自己疎外
じこそがい
Entfremdung seiner selbst
疎外の原語 alienatioは,元来古代ローマの法で,ある者から権利,資格を奪うことをいい,転じて遠ざけることを意味した。ヘーゲルはこの語を Entäusserungあるいは Entfremdungと独訳して自分の哲学の重要な概念とした。彼の哲学では,すべての事象は絶対精神がみずからに存在を与える弁証法的運動の形態,すなわち,絶対精神は自己のうちに含む自己否定的契機を外化する形で弁証法的に展開するとみなし,精神はこの自己外化の活動を通して初めて存立しうる。このように外化された自己は本来的自己に対して「疎遠な」関係に立つが,この状態をヘーゲルは精神の自己疎外 Entfremdung seiner selbstと呼んだ。彼によれば人間活動のすべての客観的結果が疎外されたものであるとする。ヘーゲル左派から出発したマルクスは,このヘーゲルの疎外論は,意識のなかでしか考えられておらず,客観的結果のみならず意識自体すでに疎外されたものであることを自覚していないゆえに,ヘーゲルの弁証法は「逆立ち」していると批判。すなわち,人間が人間的本質から疎外されているとみなす。彼は人間の本質を労働にあるとし,資本主義社会では労働そのものが他人のために物を生産する労働となっており,人間本質の発露を喪失しているとみなして,これを人間の自己疎外 Selbstentfremdung des Menschenと呼んだ。彼によればこの疎外克服の道は,他人の所有になっている生産手段を自己のものにするための社会主義革命に求められる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じこ‐そがい〔‐ソグワイ〕【自己疎外】
《〈ドイツSelbstentfremdung
ヘーゲル哲学で、ある存在が自己の本質を本来的自己の外に出し、自己にとって疎遠な他者となること。疎外。
初期におけるマルクスの哲学で、資本主義のもとでの人間の非本来的状態をいう。疎外。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じこそがい【自己疎外】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じこそがい【自己疎外】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じこ‐そがい ‥ソグヮイ【自己疎外】
〘名〙 (Selbstentfremdung の訳語) 人間の個性や人格が社会関係の中に埋没して主体性を失ってしまう結果、他人や他の事柄に対してだけでなく、自分自身に対してさえも疎遠な感じにとらわれてしまう状態。たとえば、激動する社会関係の中で自己の主体性を失い、個人が何事に対しても索漠とした違和感をもち、親密さも愛も喜びも喪失してしまう状態。元来ヘーゲルの用語で、マルクスを経て、現在一般的に用いられる。〔国民百科新語辞典(1934)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

自己疎外
じこそがい

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

自己疎外」の用語解説はコトバンクが提供しています。

自己疎外の関連情報

関連キーワード

疎外

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation