@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

自我意識【じがいしき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

自我意識
じがいしき
self-consciousness
主体としての自我に関する意識 (主我) と,他人から見られている自分に関する意識 (自己意識) をいう。自我意識は年齢とともに発達して次第に形成されるが,幼時には生活空間が未分化で,自他区別が判然とせず,自我意識は明らかでない。発達に伴い,外界認知言語の使用,対人関係を通じて自我意識は次第に明確になる。青年期になると,自分自身を意識の対象とし,自分自身の評価に関心をもち,自分に対する一定の価値を設定するようになるが,これを自我水準と呼ぶ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じが‐いしき【自我意識】
〘名〙 自分であるという意識。他人や外界と区別した自己の存在の意識で、近代哲学の出発点にもなった。自意識。
※弔花(1985)〈豊田三郎〉「スキーと不慮の死といふ聯想が、自我意識の強いだけに一層怖ろしくて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

自我意識」の用語解説はコトバンクが提供しています。

自我意識の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation