@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

自然失業率【しぜんしつぎょうりつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

自然失業率
しぜんしつぎょうりつ
natural unemployment rate
期待インフレ率と現実のインフレ率が一致し,実質賃金による労働力需給の調整が達成されるような長期均衡状態において成立する失業率。 M.フリードマンによって提唱された。自然失業率の水準は,財市場,労働市場構造的・制度的条件,つまり市場の不完全性,需給の確率的変動,情報収集コスト,移動コストなどによって規定される。この自然失業率は J.M.ケインズ完全雇用における失業率に近い概念といえる。またフリードマンはフィリップス曲線について,期待で修正されたフィリップス曲線を想定し,期待と現実の物価上昇率が一致するという意味での長期のフィリップス曲線は垂直であり,どのような財政金融政策がとられたとしても,失業率を一時的に自然失業率以下に低下させることは可能であるが,長期的には自然失業率を下回ることはできず,最終的にはインフレのみが生じるとしている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しぜんしつぎょうりつ【自然失業率 natural rate of unemployment】
物価水準が安定しているかまたはその変化率が一定となるような失業率をいい,それよりも失業率を低く保とうとするときには物価上昇が加速すると考えられている。自然失業率下における失業者は,より良い職を求めて自発的に失業しているとみなされ,この状態は一種完全雇用状態といえる。A.W.フィリップスの研究(1958)以来,多くの国でフィリップス曲線すなわちインフレーションと失業率とのトレードオフ関係の存在が確認されてきた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しぜんしつぎょうりつ【自然失業率】
いかなる財政金融政策を用いても、いかなる賃金水準においても、解消できない非自発的失業者の割合。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しぜん‐しつぎょうりつ ‥シツゲフリツ【自然失業率】
〘名〙 経済の長期均衡状態にあっても存在する失業率のこと。景気の動きとは無関係に労働市場の構造から生じる失業をいう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

自然失業率」の用語解説はコトバンクが提供しています。

自然失業率の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation