@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

自然対数【しぜんたいすう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

自然対数
しぜんたいすう
natural logarithm
ネーピアの数(定数e を底とする対数 logex を,単に logx と書き,これを自然対数という。ネーピアの対数ともいう。常用対数と区別するために lnx と書くこともある。(→対数

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しぜん‐たいすう【自然対数】
e=2.71828…を底(てい)とする対数。ふつう底を略してlogxと書く。→常用対数

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しぜんたいすう【自然対数】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

自然対数
しぜんたいすう

eを底(てい)とする対数をいう。数eは、

あるいは、級数

の和として得られる数で、
  e=2.71828182845904523536……
eはいかなる整数係数の多項式の根(こん)にもならない。すなわちeは超越数である。eを自然対数の底とよぶ。微分積分法との関連において、eを底とする自然対数は、初等的な関数の積分としてただちに登場する。すなわち、

したがって理論面でも、諸々の計算法を構成するうえでも重要である。数学では単にlogxと書けば、eを底とする対数を意味する。

 自然対数をラテン語で書いたlogarithmus naturalisを略した形で、log natあるいはlnと書くこともある。

[竹之内脩]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しぜん‐たいすう【自然対数】
〘名〙 e=2.71828…を底(てい)とする対数。底を省略してlogxと書くことが多い。対数の理論的な研究に便利。〔数学ニ用ヰル辞ノ英和対訳字書(1889)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

自然対数」の用語解説はコトバンクが提供しています。

自然対数の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation