@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

自然景観【しぜんけいかん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

自然景観
しぜんけいかん
natural landscape
人間の手が加えられていない自然の景観文化景観 (人文景観) に対していう。水,気候地形土壌,自然植生などによって一定範囲の土地が他から区別される場合にこの語が使われ,人間の働きの加わる以前の状態を強調する場合は,「原景観」の語を用いる。通常,気候区をさすために用いられる熱帯雨林,サバナ,ステップ,砂漠,タイガ,ツンドラなどの語は,自然景観を示す言葉の代表例。現在では純粋な自然景観はほとんど存在せず,かつて人間の働きが加わったことのある2次的な自然景観である場合が多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しぜんけいかん【自然景観】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

自然景観」の用語解説はコトバンクが提供しています。

自然景観の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation