@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

自然災害【しぜんさいがい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

自然災害
しぜんさいがい
natural disasters
自然環境の変動が急激なために,人間社会がそれに適応しえない場合に生じる災害。人為的災害に対して天災ともいう。日本では被災者生活再建支援法で,自然災害を「暴風豪雨豪雪洪水高潮地震津波,噴火その他の異常な自然現象により生ずる被害」と定めている。発生原因によって地形災害(山崩れ地すべり地盤沈下,地震など),気象災害台風,降霜,冷害など),その他に区別されるが,実際には洪水や高潮,津波のように複合的原因によるものが多い。科学技術が発達し,対策が進むにつれ,自然災害は減少するはずだが,実際には強力で影響範囲の広い新たな災害が起こっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しぜん‐さいがい【自然災害】
台風・地震・火山噴火など、異常な自然現象が原因となって起こる社会的、経済的な被害。⇔人為災害

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しぜんさいがい【自然災害】
地震・洪水・火山爆発・台風などの自然現象が直接原因となって起こる災害。天災。 ⇔ 人為災害

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

自然災害
しぜんさいがい
異常な自然現象によって引き起こされる災害。日本列島は、地震のプレートテクトニクス理論によると、ユーラシアプレートの上に位置し、太平洋プレートおよびフィリピン海プレートがその下にもぐり込んでいる。地形的には環太平洋山系の一部にあたり、造山活動を続けており、急峻(きゅうしゅん)な山岳地帯が多く、そこに源を発する急流河川の下流部に小さな平野が発達しているという地形である。また、気象的には台風の常襲コースにあたるほか、海洋性と大陸性気団の交錯する位置にあたるため世界有数の多雨地域であることなどが特徴である。したがって日本は、地震、火山噴火、台風、前線、温帯低気圧による風水害、高潮、地すべり、山崩れ、干魃(かんばつ)、冷害などによる災害が発生しやすい自然条件下にあるといえる。自然災害の原因はこのような自然的条件に伴うものが主であるが、都市地域を中心とする急激な人口増加、宅地造成をはじめとする開発行為を促進させる社会的条件が、台風、集中豪雨などがあった場合における地すべり、崖(がけ)崩れ、洪水、高潮などによる被害を増大させる要因になっていることが指摘されている。
 『防災白書』(2010年版)によると、昭和20~30年代前半の自然災害は死者・行方不明者数が1000人を超える大きなものが頻発していた。しかし、5000人以上の死者を出した1959年(昭和34)の伊勢湾台風以降は死者・行方不明者は著しく減少し、長期的にみると逓減(ていげん)傾向にあり、1980年代以降は6000人以上の死者を出した阪神・淡路大震災が発生した1995年(平成7)を除き、年間100~200人程度が大勢を占めるに至っている。とはいうものの、豪雨、台風等自然災害による被害は依然として毎年繰り返し発生しているのも事実である。したがって災害を未然に防止し、発生した場合には被害の拡大を防止し、その復旧を速やかに図るなど、防災に関する対策は依然として必要とされている。
 災害対策基本法第2条1号では、災害は「暴風、豪雨、豪雪、洪水、高潮、地震、津波、噴火その他の異常な自然現象又は大規模な火事若しくは爆発その他その及ぼす被害の程度においてこれらに類する政令で定める原因により生ずる被害」と定義している。この場合の政令で定める原因としては、放射性物質の大量の放出、多数の者の遭難を伴う船舶の沈没その他の大規模な事故と規定されている(災害対策基本法施行令第1条)。このうち、自然災害といわれるものは「暴風、豪雨……その他の異常な自然現象により生じる被害」をいい、その他の異常な自然現象としては、冷害、地すべり、山崩れ、崖崩れなどがあげられるが、その範囲については種々判断されているところである。[次郎丸誠男]
『防災行政研究会編『逐条解説 災害対策基本法』第2次改訂版(2002・ぎょうせい) ▽内閣府編『防災白書』平成22年版(2010・佐伯印刷)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しぜん‐さいがい【自然災害】
〘名〙 地震、台風、火山の爆発、津波などの異常な自然現象が原因となって起こる災害。天災。⇔人為災害

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

自然災害」の用語解説はコトバンクが提供しています。

自然災害の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation