@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

自然美【しぜんび】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

自然美
しぜんび
自然の所与に認められる。美的なるものは「自然美」と「芸術美」に大別される。通俗の用語法では非人間的対象の美,たとえば風景美などをさすが,美学上,人間,人事,歴史を含めて,現実の生において経験される美を総称するのが普通である。「芸術美」との関係は美学の重要な課題の一つで,(1) 素朴実在論的に芸術美を自然美の模倣に帰す自然美一元論,(2) 観念論的に自然美を芸術美に従属させる芸術美一元論 (ヘーゲル) ,(3) 自然美否定論 (オーデブレヒト) ,(4) 自然美・芸術美同一論 (コーエン) などがある。一方,自然美,芸術美を含む「美」と「芸術」とがその範囲において相おおわない点を強調し,芸術のみを対象とする「一般芸術学」がデッソアールウーティッツなどによって主張された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しぜんび【自然美】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しぜんび【自然美】
自然界に現れる美。人工によらない天然の美。 ⇔ 芸術美

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

自然美
しぜんび
beauty of nature
美をその対象領域によって大きく区分した場合、人間の手になる芸術美や技術美に対して、自然界にみられる美を広く自然美とよぶ。これは動植物などの個別的形象、風景や天空にみなぎる全体的雰囲気、さらには自然界の体系的秩序そのものなどの諸段階を含み、人体美も自然美とされることが多い。自然美と芸術美の関係は、美学史上の一大論点である。古代ギリシアの美学思想においては、原型たるイデアへの近さのゆえに自然美の優位が主張されたが、新プラトン学派のプロティノスは万有を一者からの流出とみる説により、感覚的美としての自然美と芸術美のいずれをも一なる叡知(えいち)美から根拠づけようとした。中世キリスト教思想の支配下では、神秘主義者たちによって自然美は神の顕現(テオファニアtheophania)とみなされた。この見方は近世の人々の素朴な自然観の底流となってゆくが、宗教的権威が揺らぐとともに、自然そのものが畏敬(いけい)すべきもの、準拠すべき原理として注目されるようになる。新プラトン学派に通じていたイギリスのシャフツベリ伯によれば、自然は美しい調和に満ちた有機的統一体であり、これを形成する原理はそれ自体至高美たる創造神である。そして芸術美もまた、この神的な美の力に関与することによって成立する。彼の汎神論(はんしんろん)的世界観は、イギリス経験論の美学や大陸の啓蒙(けいもう)主義美学に大きな影響を及ぼした。
 17~18世紀のフランスにおいて芸術は「美しい自然の模倣」と定義されたが、ここでは単なる外的自然の模写よりも自然の理想化が意図されていた。これに対してルソーによる自然礼賛やゲーテの自然観察は、より直接的な自然美の賞揚を促進した。自然美を芸術美より優位に置く傾向は、カントの美学において一つの頂点に達する。彼によれば、芸術美がつねに目的概念を前提とするのに対して、その前提を必要としない自然美こそが純粋な美的判断の対象たりうるのである。美を理念の感覚的現象とするヘーゲルは逆に、精神によって生み出された芸術美を自然美よりも高次のものとみなした。芸術家の創造的ファンタジーや作品の表現内容に力点を置くドイツ観念論やロマン主義の美学以来、近代美学においては芸術美を重視するものが主流を占めている。しかしながら現代では、環境問題が切実なものとなったことや、近代文明に対する反省の動向のなかで、前衛芸術の一部に自然回帰の主張もあり、自然美は美学においても再評価の気運にある。[長野順子]
『大西克礼著『美学』(1959・弘文堂) ▽今道友信著『美の位相と芸術』(1968・東京大学出版会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しぜん‐び【自然美】
〘名〙 山水、風月など自然界に現われる美。
※審美的意識の性質を論ず(1894)〈島村抱月〉二「自然美と芸術美との関係に就きては、古来その説多し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

自然美」の用語解説はコトバンクが提供しています。

自然美の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation