@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

自由放任主義【じゆうほうにんしゅぎ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

自由放任主義
じゆうほうにんしゅぎ
laissez-faire
自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一切の保護制度を廃止すべきであると主張した。このような主張は独占商業資本王権と結びついてとった貿易の独占とそれによる金銀蓄積を主目的とした重商主義に対抗するものであったが,同時に国際的な自由貿易を求める運動にも結びついていった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じゆうほうにん‐しゅぎ〔ジイウハウニン‐〕【自由放任主義】
各自の自由に任せて、いっさい干渉しない考え方や立場。
経済については国家による統制や干渉を排除し、個人の自由な利益追求活動に任せるべきであるとする経済政策上の主義。18世紀に、フランスの重農主義者およびイギリスアダム=スミスによって主張された。レッセ‐フェール

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じゆうほうにんしゅぎ【自由放任主義 laissez faire[フランス]】
自由放任ということばはA.スミスの《国富論》(1875)の主張を要約したものとして知られている。そして,しばしば,自由放任,レッセ・フェールとは現実の経済をあるがままに放置せよ,あるいは,すべての経済主体とくに生産者(企業)に好き勝手にやらせるのがよい,という意味であるかのように誤解されてきた。この誤解の源は,資本主義のとらえ方が,D.リカードJ.S.ミルなどのイギリス古典派ないしは19世紀後半のアメリカで俗流化されたことにある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じゆうほうにんしゅぎ【自由放任主義】
国家による国民経済への統制と干渉を排除して、個人や企業の自由競争にまかせて経済を営むべきであるとする主義。アダム=スミスら古典派経済学者たちの主張。レッセフェール。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

自由放任主義
じゆうほうにんしゅぎ
laissez-faireフランス語
個人の経済活動の自由を最大限に保障し、国家による経済活動への干渉・介入を極力排除しようとする思想および政策。資本主義の生成期に、重商主義に反対するフランスの重農主義者が最初に提唱した。彼らの主張である「レッセ・フェール」が自由放任主義の合いことばとなったが、この思想を経済学的に体系化したのはアダム・スミスであった。スミスは、『国富論』(1776)において、個人が自己の利益を追求する自由な経済活動こそが社会的富の増大をもたらすのであり、またその活動は「見えざる手」に導かれて(現代的にいえば、市場機構の作用によって)富の公正で効率的な配分も実現し、社会的調和が達成されることを理論的に明らかにしようとした。しかし、資本主義経済の発展は自ら自由競争の反対物である独占を生み出し、さらに、1930年代の大不況による失業と貧困の解決のために、国家の経済的役割と規制が必要とされるに至って、自由放任主義は放棄されたのである。[佐々木秀太]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じゆうほうにん‐しゅぎ ジイウハウニン‥【自由放任主義】
〘名〙
① 各自の自由に任せて、いっさい干渉しない考え方や立場。
② 経済政策上において、国家権力の干渉を最小限度に制限し、私有財産と企業の自由を擁護しようとする理論。一八世紀中期の資本主義の基本的政策として、フランスの重農主義者やイギリスの古典派経済学者たちによって主張された。レッセ‐フェール。〔文化と政治(1941)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

自由放任主義
じゆうほうにんしゅぎ
laissez-faire
経済活動において,自由競争を放任しておけば,しぜんに一定の秩序が生まれ,社会全体の利益をもたらすという考え方。「レッセ−フェール」
国家の統制・干渉を主張する重商主義に反対した重農主義者ミラボー(フランス革命の指導者ミラボーの)の「なさしめよ,行かしめよ」の言葉に始まり,テュルゴーによって採用され,アダム=スミス・リカードらのイギリス古典派経済学によって確立された。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

自由放任主義」の用語解説はコトバンクが提供しています。

自由放任主義の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation