@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

自由都市【じゆうとし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

自由都市
じゆうとし
free town; Freistadt
中世のヨーロッパ都市のなかで,封建領主の支配の外にあって発達した商業都市。中世の都市の大部分は封建領主や教会などの支配と規制を受けて発達したが,一般市民の経済力の拡大に伴い,支配者の拘束を脱して市民の自治自衛が行われ,独自の徴税司法行政などを行なった。イタリアベネチア,ジェノバ,ドイツのハンブルクブレーメンなどが典型。日本では中世,近世に発達した諸都市のうちなどに一時自由都市的な時代があった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じゆう‐とし〔ジイウ‐〕【自由都市】
神聖ローマ帝国などで教会や封建諸侯に属さず、皇帝国王市政や商取引の自由を与えられた都市。ドイツのリューベックブレーメンハンブルク、フランスのコルマルなど。帝国自由都市。また、帝国の影響力から完全に脱した中世イタリアのベネチアフィレンツェなどの都市国家自由市コミューン

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じゆうとし【自由都市 freie Städte[ドイツ]】
ヨーロッパの,主として中近世のドイツに発達した都市のあり方を示す呼称。ドイツでは,13~14世紀のころ,長年の交渉を通し,時に激しい闘争を経て,国王,司教,世俗貴族などの都市領主から大幅な自立を獲得する都市が現れた。これらは,バーゼルケルン,シュトラスブルク(ストラスブール),ウォルムスなど司教都市に多い。旧来の帝国都市Reichsstadtが負っていた皇帝にたいする軍役・貢納義務からも解放されており,したがってその法的地位は帝国都市のそれよりまさっていた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

自由都市
じゆうとし
Freistadt ドイツ語

中世ヨーロッパにおいて、国王や諸侯の支配から独立し、大幅な自治権を獲得した都市。厳密には中世末から近世初頭にかけてのドイツで、帝国直属の特権を認められた都市をさし、狭義の自由都市と帝国都市とに区別される。前者はもともと司教座所在地の都市であったが、13~14世紀に司教の都市支配権を排除しながら、自治権を闘い取った都市で、ケルン、マインツ、ウォルムス、バーゼル、シュトラスブルク、シュパイエルその他と、ハンザ都市リューベックとが含まれる。後者は、王領地、帝国領に成立した都市で、一時は100以上を数えた。このタイプの都市には、皇帝の実質的支配権がある程度残っていた点で前者と異なっていたが、それを端的に示すのが、財政上の理由で皇帝が都市そのものを質入れする(帝国担保)という現象である。いくつかの帝国都市は担保が解消されないまま帝国直属性を失い、またいくつかの都市は都市自らが担保を肩代りして帝国直属性を回復し、その機会に自由都市なみの完全自治権を獲得した。中世末より、自由都市を含めた帝国都市が帝国会議に出席する慣行がつくられ、ウェストファリア条約(1648)でこの出席資格が確立し、領邦国家と並んで、裁判権、貨幣鋳造権、宣戦・講和の権利が認められた。近世初頭、帝国担保は禁止されたが、他方帝国権力の空洞化、領邦国家権力の拡張により、帝国都市はしだいに自立性を失い、ドイツ連邦の成立(1815)後はフランクフルト(・アム・マイン)、ハンブルク、ブレーメン、リューベックの4自由都市のみが、領邦国家と並んで連邦構成員となった。その後フランクフルトはプロイセン領となり、ハンブルク、ブレーメンもナチス時代に一時自立性を失ったが、戦後その地位を回復し、リューベックとともにこの3自由都市が現在でもドイツ連邦共和国の構成員となっている。

[平城照介]

『増田四郎著『都市』(1968・筑摩書房)』『鯖田豊之著『封建都市』(1957・創元社)』『F・レーリッヒ著、魚住昌良・小倉欣一訳『中世ヨーロッパ都市と市民文化』(1978・創文社)』『H・プラーニッツ著、林毅訳『中世ドイツの自治都市』(1983・創文社)』『平城照介「ヨーロッパにおける中世的支配と都市」(『中世史講座3』所収・1982・学生社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じゆう‐とし ジイウ‥【自由都市】
〘名〙
① ヨーロッパで、もともと司教都市であったものが、一三、四世紀頃市民階級の台頭によって宗教領主の支配から脱し帝国直属都市となったもの。一般の帝国都市以上の特権を認められ、ほぼ完全な自治権をもっていた。バーゼル、ストラスブール、マインツ、ケルンなど。また、一般の帝国都市も、その後、皇帝との特殊な関係が名目的になっていき、やがて自由帝国都市と呼ばれるようになる。
② 一八一五年のドイツ連邦に加盟したハンブルク、ブレーメン、リューベック、フランクフルト‐アム‐マインの四都市。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

自由都市
じゆうとし
Freie Städte
中世以来,地方領主・地方主権に属さず,国王・皇帝に直属したドイツの自治都市
もとは帝国都市と呼ばれたが,その中に自由都市といわれる一群の都市が生まれ,のち帝国都市全体を自由都市と称した。帝国都市としては13世紀以来のアーヘンなどの王宮都市,宗教領主の支配を離れて帝国直属になった自由都市にはケルン・マインツ・ヴォルムスなどの司教都市,経済的発展により自由都市になったものにはアウグスブルク・リューベック・ハンブルクなどがあり,これらはいずれも独自の自治組織をもつ独立の政治単位として,16世紀には国会出席権も確立した。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

自由都市
じゆうとし
中世ヨーロッパにおいて,商工業の発達に伴い,国王や諸侯から自治の特権を獲得した都市
南ヨーロッパのヴェネツィア・フィレンツェ,あるいは北ヨーロッパのハンザ同盟の諸都市をさす。日本では室町時代に,港町門前町など各種の都市が発達し,堺・博多・平野などは,惣村の組織を導入し,町行事・年寄など町内の商工業者の代表者が会合衆 (えごうしゆう) などと呼ばれて,自治的な行政権・司法権を行使した。イエズス会の宣教師らは,堺をヴェネツィアに似ていると報告しているが,ヨーロッパのそれと日本の場合とは,成立の背景やその後の推移など,趣を異にしている。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

自由都市」の用語解説はコトバンクが提供しています。

自由都市の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation