@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

至福千年説【しふくせんねんせつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

至福千年説
しふくせんねんせつ
millenarianism
キリストが地上に再来し,1000年間神の国により統治したのちに世界は終末にいたるとする一部キリスト者の信仰。千年王国説ともいう (原語はラテン語で「1000年」を意味する milleniumに由来) 。これはユダヤ教の黙示文学 (ダニエル書,第2エズラ書,エノク書) の影響下に展開したもので,新約聖書 (ペテロ2書3・18,黙示録 20・1~6) にすでにそれがみられ,さらにグノーシス的キリスト教,初期キリスト教著作家たち (殉教者ユスチノス,エイレナイオスヒッポリツス) の教説中に説かれているほか,2世紀後半のモンタヌス派異端もこの説を奉じた。4~5世紀頃から神の国は地上の教会と同一視され,この信仰は教会の正統的教義とはなっていない。宗教改革以後プロテスタント内部に至福千年説を熱狂的に保持する小さな教団 (千年教会) が多く現れたが (再洗礼派,ボヘミア兄弟団,モラビア兄弟団,アーウィング派,アドベンティストなど) ,いずれもキリスト教会の大勢に影響しなかった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しふくせんねんせつ【至福千年説】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

しふくせんねん‐せつ【至福千年説】
〘名〙 (chiliasm の訳語) 古来の神学説の一つ。ヨハネ黙示録に基づき、神は一〇〇〇年の間悪魔を獄にとらえ、キリストや甦った聖徒にこの世を支配させて地上の王国が出現するが、やがて終末の審判の時がくるとするもの。千年期説。千年至福説。千福年説。千年王国論。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しふくせんねん‐せつ【至福千年説】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

至福千年説」の用語解説はコトバンクが提供しています。

至福千年説の関連情報

関連キーワード

エイリク・ベラス ラルセンエイリク・ベラス ラルセンシャニー デービスジェレミー ウォザースプーンジェレミー ウォザースプーン重複保険アルノー トゥルナン濃度(化学)王 濛マリアンヌ ティメル

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation