@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

致死量【ちしりょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

致死量
ちしりょう
lethal dose; LD
生命を奪うのに必要な薬用量薬物生体に対する作用の強さを示す尺度の一つとなる。致死の測定は,主としてマウス,ラットを用いて行う。個体差,性差,投与条件によって異なるが普通,体重に対する薬用量で表わされる。確実致死量,50%致死量 ( LD50 ) ,最小致死量 (MLD) などがあり,比較的精度の高い 50%致死量が一般的な指標として採用されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちし‐りょう〔‐リヤウ〕【致死量】
死に至らせるのに十分な薬物などの量。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

致死量
 毒物,薬物の毒性の指標で,動物を死に至らせる量.50%の個体が死ぬ量(平均致死量)で示すことが多い.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちしりょう【致死量 lethal dosis】
生体と反応し致死効果を起こすのに要する化学物質の用量。通常,その生体の体重1kgあたりのmg(mg/kg)で表す。各種化学物質の毒性判定にあたっての重要な指標の一つであるため,毒性評価にあたっては,初期に求められることが多い。人体に摂取されたり接触する可能性のある医薬品をはじめ,食品添加物,殺虫剤,家庭用品や農薬などでは,ヒトに対する安全性を推定するために,動物実験(通常,定温動物)を用いて致死量が求められる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

致死量
ちしりょう

生体を死亡させる薬物の用量のことで、薬物の急性毒性を表す一般的な指標とされている。試験動物をすべて死に至らしめるに足る用量をその動物の致死量lethal dose(LD)といい、死をきたす限界の最小量を最小致死量minimum lethal dose(MLD)という。通例、体重1キログラム当りのミリグラムで表す。生体は薬物に対する個体差が大きく、しかも最小致死量では数値のばらつきが大きいので、一定条件下で試験動物数の50%を死亡させる薬物量を統計学的手法を用いて計算して出したのが50%致死量(半数致死量、LD50ともいう)であり、これが広く用いられている。試験動物の種類、性別、体重、観察期間などを一定条件に整え、薬物の投与方法(経口、皮下、筋肉注射、静脈注射、腹腔(ふくくう)内注射など)ごとの50%致死量の値を出し、総合的にその薬物の急性毒性を判定する。

 なお、薬物の効果の測定については、50%致死量と同様の方法で求める50%有効量effective dose 50%(ED50)が用いられる。致死量を有効量で割った値を安全域といい、薬の安全性の一指標とされる。

[幸保文治]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちし‐りょう ‥リャウ【致死量】
〘名〙 生体を死にいたらせるのに十分な薬物の量。通常、体重一キログラム当たりのミリグラムで表わす。
※高瀬舟縁起(1916)〈森鴎外〉「其薬は致死量(チシリャウ)でないにしても、薬を与へれば、多少死期を早くするかも知れない」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

致死量
チシリョウ
lethal dose

薬物などをいくつかの異なる用量で動物に投与し,観察される死亡頻度から,ヒトにあてはめた推定値で,通常,体重1 kg 当たりの mg で表される.[別用語参照]半致死量

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

致死量」の用語解説はコトバンクが提供しています。

致死量の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation