@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

舎密局【せいみきょく】

世界大百科事典 第2版

せいみきょく【舎密局】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

舎密局
せいみきょく

明治初年の化学(舎密)の研究教育機関。蕃書調所(ばんしょしらべしょ)などで幕末以来導入されていた化学研究は、富国強兵策下、硝石・火薬の製法などが重視され、政府が1869年(明治2)大阪舎密局を開局。教授にオランダ人ハラタマKoenraad Wouter Gratama(1831―1888)を迎え、諸器械を輸入した。1870年(明治3)大阪理学所、さらに大阪開成学校と改称したが、1872年閉校。また1870年京都府立の舎密局も開設、1881年民間払下げ、1884年閉局。

[木槻哲夫 2018年9月19日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

セイミ‐きょく【舎密局】
〘名〙 明治初期に理化学の実験と教育のために設立された機関。明治元年(一八六八)幕府の開成所の理化学部門を大阪に移転し、翌年開局した。同三年理学校と改称、のち、大阪開成所に統合された。また、同三年に京都舎密局も開設されたが、同一七年廃局。〔医語類聚(1872)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

舎密局」の用語解説はコトバンクが提供しています。

舎密局の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation