@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

舎密【セイミ】

デジタル大辞泉

セイミ(〈オランダ〉chemie)
化学の日本における旧称幕末から明治初期にかけて使われた。セイミ学。
[補説]「舎密」とも書く。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せいみ【舎密】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しゃみ【舎密】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゃみつ【舎密】
セイミにあてた舎密を音読したもの

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

セイミ【舎密】
化学の旧称。幕末から明治初期に用いられた。セイミ学。セーミ。 舎密とも当てた

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゃみ【舎密】
〘名〙 化学の旧称「セイミ」にあてた字を音読したもの。しゃみつ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

セイミ【舎密】
〘名〙 (chemie) 化学の旧称。幕末から明治初期に用いられた。舎密学。
※植学啓原(1833)引「西聖立三科之学、曰弁物也、曰究理也、曰舎密(セーミー)也、以綜錯万物
[語誌](1)宇田川榕庵「舎密開宗」(一八三七‐四七)が出版される前は、「分析術」「分離術」とも訳されていた。
(2)「化学」という訳語は、中国から日本にもたらされ、幕末から明治初期にかけては「舎密」と「化学」が並行的に用いられていた。しかし、明治五年(一八七二)の学制発布・小学教則公布によって学課名に「化学」が採用されたことや、開成学校に化学科が設置され、それが、同一〇年東京大学成立時に、理学部化学科となったことなどによって、「化学」の名称が一般化した。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゃ‐みつ【舎密】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

セーミ【舎密】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

舎密」の用語解説はコトバンクが提供しています。

舎密の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation