@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

舒明天皇【じょめいてんのう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

舒明天皇
じょめいてんのう
[生]推古1(593).大和
[没]舒明13(641).10.9.
第 34代の天皇 (在位 629~641) 。名は息長足日広額尊 (おきながたらしひひろぬかのみこと) ,また田村。敏達天皇の皇孫にあたる。押坂彦人大兄皇子の子,母は糠手姫皇女。舒明1 (629) 年即位。翌年宝皇女 (のちの皇極天皇,さらに重祚して斉明天皇) を皇后に立て,都を大和の飛鳥岡本宮に遷した。その治世中は蘇我蝦夷,入鹿が絶大な権力を有していた。陵墓は奈良県桜井市大字忍阪の押坂内陵。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じょめい‐てんのう〔‐テンワウ〕【舒明天皇】
[593~641]第34代の天皇在位629~641。名は田村皇子息長足日広額尊(おきながたらしひひろぬかのみこと)。敏達天皇蘇我蝦夷(そがのえみし)らに擁立されて即位飛鳥(あすか)岡本宮遷都

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

舒明天皇 じょめいてんのう
593-641 飛鳥(あすか)時代,第34代天皇。在位629-641。
推古天皇元年生まれ。彦人大兄(ひこひとのおおえの)皇子の王子。母は糠手姫(ぬかてひめの)皇女(田村皇女)。推古天皇の没後,山背大兄(やましろのおおえの)王と皇位をあらそい,蘇我蝦夷(そがの-えみし)に推され即位。皇后は宝皇女(のち皇極・斉明天皇)。犬上御田鍬(いぬかみの-みたすき),薬師恵日(くすしの-えにち)らを第1回遣唐使として派遣。百済(くだら),新羅(しらぎ)とも関係をふかめた。舒明天皇13年10月9日死去。49歳。墓所は押坂内陵(おさかのうちのみささぎ)(奈良県桜井市)。諱(いみな)は田村。別名に息長足日広額天皇(おきながたらしひひろぬかのすめらみこと),高市天皇,岡本天皇。
【格言など】大和には群山(むらやま)あれど とりよろふ天の香具(かぐ)山 登り立ち国見をすれば 国原は煙(けぶり)立ち立つ 海原は鴎(かまめ)立ち立つ 怜〓(“りっしんべん”に「可」)(おもしろ)き国ぞ 蜻島(あきづしま)大和の国は(「万葉集」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

じょめいてんのう【舒明天皇】
593?‐641
7世紀前半の第34代に数えられる天皇。在位629‐641年。名を田村皇子といい,和風号(しごう)は息長足日広額(おきながたらしひひろぬか)天皇。高市岡本宮天皇などともいう。敏達天皇の孫で押坂彦人大兄皇子の子,母は敏達天皇皇女の糠手姫(ぬかてひめ∥あらてひ)め皇女。628年(推古36)3月の推古天皇の死後,大臣(おおおみ)蘇我蝦夷(えみし)が大夫(まえつぎみ)らを召集して次期天皇のことを諮ったが,田村皇子支持派と山背大兄王(聖徳太子の子)支持派に分かれてすぐに結論が出ず,蝦夷の意向によって翌年正月に田村皇子が即位した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じょめいてんのう【舒明天皇】
593~641 日本書紀で第三四代天皇(在位629~641)の漢風諡号しごう。名は田村皇子。和風諡号は息長足日広額おきながたらしひひろぬか。押坂彦人大兄皇子の子。蘇我氏によって擁立、在位中同氏の勢力が増大した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

舒明天皇
じょめいてんのう
(593―641)
第34代とされる天皇(在位629~641)。名は田村(たむら)。和風諡号(しごう)は息長足日広額(おきながたらしひひろぬか)天皇。押坂彦人大兄(おさかのひことのおおえ)皇子(敏達(びだつ)天皇の皇子)の皇子。母は糠手姫(あらてひめ)皇女。即位にあたっては朝廷が紛糾し、山背大兄皇子(やましろのおおえのおうじ)(聖徳太子の子)を推す声も強かったが、大臣蘇我毛人(蝦夷)(そがのえみし)の支持を得て即位し、岡本宮に入った。こうした経緯もあって、政界はまとまらず独自の政策も目だたなかったが、この治政下、百済(くだら)王子豊璋(ほうしょう)、唐使高表仁(こうひょうじん)の渡来や蝦夷(えみし)征討などがあった。治政11年(639)から百済川畔に百済大宮、百済大寺の造営を命じ、翌年、百済宮に移ったが、九重塔をもつ百済大寺は完成後ほどなく焼失した。その翌年10月、天皇は百済宮で没した。陵墓は奈良県桜井市の押坂内陵。[門脇二]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じょめい‐てんのう ‥テンワウ【舒明天皇】
第三四代の天皇。忍坂彦人大兄皇子(おしさかのひこひとのおおえのみこ)の子。母は糠手姫皇女。名は田村皇子。諡は息長足日広額天皇(おきながたらしひひろぬかのすめらみこと)。六二九年蘇我蝦夷に擁立されて即位。翌年飛鳥(あすか)岡本宮に遷都。在位一三年。推古天皇元~舒明一三年(五九三‐六四一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

舒明天皇
じょめいてんのう
593〜641
7世紀前期の天皇(在位629〜641)
敏達 (びだつ) 天皇の孫。天智天皇の父。推古天皇の死後,皇位継承問題で聖徳太子の子山背大兄王 (やましろのおおえのおう) と争った。蘇我蝦夷 (えみし) の援助で即位し,630年飛鳥岡本宮に遷都。天皇を推した蘇我蝦夷・入鹿父子が大臣 (おおおみ) として権勢をふるった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

舒明天皇」の用語解説はコトバンクが提供しています。

舒明天皇の関連情報

関連キーワード

グントラム飛鳥時代エワグリオス・スコラスチコス不動産利用権大証仮装売買事件大蘇ダム弁護士法人都留文大生の就職飛鳥京淡路島

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation