@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

舜天【しゅんてん】

日本大百科全書(ニッポニカ)

舜天
しゅんてん
(1166―1237)

琉球(りゅうきゅう)最初の王と伝えられる人物。尊敦(そんとん)ともいう。琉球に落ち延びてきた源為朝(ためとも)と大里按司(おおざとあんじ)の妹との間に生まれた子という出自伝説がある。1180年(治承4)衆望を集めて浦添(うらそえ)按司となり、87年(文治3)権勢をほしいままにしていた利勇(りゆう)を倒し王位に登り、在位51年に及んだというが、治世を伝える史料はまったく残っていない。死後、王位は舜馬順煕(しゅんばじゅんき)・義本(ぎほん)2代に受け継がれた(舜天王統)。しかし、王とはいっても琉球一円の覇者ではなく、浦添地方一帯を勢力圏とする強大な按司にすぎなかった、という見方が有力である。

[高良倉吉]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゅんてん【舜天】
琉球の第一代の国王。名は尊敦。「中山世鑑」「中山世譜」によれば、流刑地伊豆大島から琉球に渡来した源為朝の落胤といわれる。文治三年(一一八七)の即位、在位五一年、七二歳で没したという。(一一六六頃‐一二三七頃

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

舜天」の用語解説はコトバンクが提供しています。

舜天の関連情報

関連キーワード

舜天王請求権・経済協力協定高知県の建設業黒韃事略舜天王他阿ウィーン長島荘海野幸氏正親町三条公氏

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation