@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

舞台美術【ぶたいびじゅつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

舞台美術
ぶたいびじゅつ
stage design
舞台を一定空間とし,そこに存在するすべての対象物,広い意味での舞台装置全般に美的表現を与えること。舞台における表現活動は,脚本前提とし,演出家の一貫した表現目的に合致する方法で行われる必要があり,その点で絵画彫刻などの表現活動と異なる。また舞台独特の仮象約束暗黙のうちにあり,それを効果的に利用して象徴的効果を盛込むことができるのが一つの特徴でもある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぶたいびじゅつ【舞台美術】

[世界の表現としての舞台美術
 かつてW.シェークスピアは〈この世界が舞台である〉(《お気に召すまま》)と書いたが,それと同じように現代の舞台美術は,現代の世界と重なり合っている。現代の演劇が,われわれ現代人にとっての問題を取り扱っているとするならば,その舞台美術は現代の状況を表現していなければならないことになる。なぜなら舞台美術とは,上演のための一つの世界ともいえる場面や空間を創り出すものだからである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

舞台美術
ぶたいびじゅつ
stage artsenography英語
scnographieフランス語
演劇やオペラ、舞踊などの舞台芸術において、観客の視覚や想像力に訴えることによりその舞台表現を助ける諸要素の総称をいう。具体的には舞台装置をはじめとして舞台衣装、舞台化粧、舞台照明、視覚効果などの分野をいうが、音楽や音響効果などの聴覚に訴える部門は一般的には含まれない。[石井強司]

舞台美術の役割

現代では舞台表現の形態が多様化しているために、いわゆる「舞台」の性質もすこし範囲を広げて考えられよう。歌舞伎(かぶき)、能、狂言など日本の伝統的な舞台から、オペラ、バレエ、新劇、ミュージカルなど欧米からの影響を受けている舞台、さらにメディアの違いはあっても舞台表現と近い関係にあるテレビや映画などの美術もある。これらの表現形式はおのおの異なっているものの、そのいずれもが「戯曲(ストーリー)」「俳優(演技者)」「観客」という三つの基本要素によって成り立っている。その三要素に装置、照明、衣装などの個々のジャンルが直接かかわり合って相互に影響しあいながら、演出家の意図する作品のテーマをいかに舞台空間に視覚化、造形化するかに舞台美術の役割があるといえよう。[石井強司]

舞台美術家

ひとつの舞台作品のなかで、おもに舞台装置(大道具や小道具など)や舞台衣装(かつらやメイクアップなども含む)のデザインをする人を舞台美術家という。演出家や各スタッフ、演技者との綿密な打合せによってプランが練られてゆき、最終的なデザイン画や模型、サンプルなどを元に実物が製作される。舞台美術家は、それらが実際の舞台に造形化され初日を迎えるまでの責任をもつ。[石井強司]

国際組織

1968年には、国際演劇協会(ITI)を母体としたOISTAT(舞台美術・劇場技術国際組織)が創立された。これはフランス語Organisation Internationale des Scnographes, Techniciens et Architectes de Thtreの頭文字をとった略称で、チェコのプラハに本部があり、2001年現在加盟36か国に及んでいる。なお、舞台美術全般の国際的な用語としてセノグラフィーscnographieの語が使われるようになってきている。[石井強司]
『OISTAT日本センター編『劇空間のデザイン』(1984・リブロポート) ▽日本舞台テレビ美術家協会編・刊『ステージ&テレビデザイン』(1990) ▽新川貴詩著『残像にインストール――舞台美術という表現』(1994・光琳社出版)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぶたい‐びじゅつ【舞台美術】
〘名〙 舞台上の効果を高めるために用いられる美術。舞台装置、衣装、照明などすべての美術的構成を含む。狭義には、舞台装置のみをさす場合もある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

舞台美術」の用語解説はコトバンクが提供しています。

舞台美術の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation