@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

舞囃子【まいばやし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

舞囃子
まいばやし
能の略式演奏形式の一つ。一曲のうち,舞,囃子事を中心とした部分 (正式には前場のサシ以降,多くの場合ワキの待謡以降) を抜粋して演じるもの。演者は面,装束を着ず,紋付,姿で舞う。囃子方を含めて出演者はすべて切戸から出入りし,揚幕橋懸りを用いない。また囃子方は床几 (しょうぎ) を用いずの位置に正座してつとめ,地謡の位置は常と異なり,シテはその地謡の前でうたい出し,のち立って大小前 (大鼓方と小鼓方座席の中間前方) に行って所作を始める。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

まい‐ばやし〔まひ‐〕【舞×囃子】
能の略式演奏形式の一。1曲中の舞所をシテ一人が面・装束をつけず、紋服・袴(はかま)のままで、地謡と囃子とによって舞うもの。⇔居囃子(いばやし)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

まいばやし【舞囃子】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

まいばやし【舞囃子】
能の略式演奏の一。一曲の主要部分(舞事を含む)を、面・装束をつけず、紋服・袴はかままたは裃かみしものままで、シテと地謡と囃子はやしとによって演ずるもの。 ⇔ 居囃子いばやし仕舞番囃子

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

舞囃子
まいばやし
能の略式演奏の一つ。主として後シテの活躍する部分を、能面、能装束を着けず、紋服・袴(はかま)、あるいは裃(かみしも)姿のまま舞う。囃子方は、すべて舞台に平座したまま演奏し、地謡(じうたい)の座る位置も能とはかわる。近年は小書(こがき)とよばれる特殊な演出も舞囃子で演ずるようになったが、全員切戸口から登・退場し、橋懸りを用いることはない。芥川龍之介(あくたがわりゅうのすけ)の詩「相聞(そうもん)」を、面・装束を用いた舞囃子の形で上演するという、新しい傾向も出始めた。[増田正造]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

まい‐ばやし まひ‥【舞囃子】
〘名〙 能楽の演奏形式の一つ。一曲中、主に後シテが活躍する部分を、シテ一人が面・装束をつけず紋服のままで、地謡と囃子によって舞うもの。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

舞囃子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

舞囃子の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation