@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

舞留【まいとめ】

精選版 日本国語大辞典

まい‐とめ まひ‥【舞留】
〘名〙 (「まいどめ」とも) 江戸時代、国分(こくぶ)に次いで有名なタバコの名。摂津(大阪府・兵庫県)・山城(京都府)・丹波(京都府・兵庫県)などで産した。香りに富み独特の辛みを有する。上質のものから留葉(とめは)、舞葉(まいば)、薄舞(うすまい)といい、いずれも五年から七年の古葉(ひねは)を使用。「まい」は立枯れの意で、茎についたまま枯れた葉を用いるのでこの名がある。舞(まい)
※談義本・当世下手談義(1752)一「至極の煙草好と見へて、くゆらせたる匂、慥に舞留(マイドメ)とおぼへぬ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

舞留」の用語解説はコトバンクが提供しています。

舞留の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation