@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【まい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


まい
(1) 舞踊用語。日本舞古来「舞」と「踊り」に二分される。「踊り」がおどりあがるというようなリズムに乗った跳躍の動作を主体とするのに対して,「舞」は旋回の動作を基本とする。元来「舞」は,地面または床から足を上げることが少く,テンポは比較的ゆるく,その場を回る,あるいはめぐる動作を主とする。しかし,現在「舞」と「踊り」ははっきりとは区別できず,一つの舞踊のなかに入り交っており,「踊り」の代表ともされる歌舞伎舞踊は「踊り」「舞」「振り」の3要素から成り立っている。今日一般に舞楽神楽白拍子,延年,曲舞,,地歌舞などの舞踊が「舞」といわれる。また関西では,関東でいわれる舞踊も「舞」という。 (2) 能や狂言などで,がなく楽器囃子伴奏で舞う部分を「舞」あるいは「舞事 (まいごと) 」という。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぶ【舞】[漢字項目]
常用漢字] [音](漢) [訓]まう まい
〈ブ〉
手足を動かして踊る。まう。まい。「舞曲舞台舞踏舞踊演舞歌舞欣舞(きんぶ)群舞剣舞洋舞乱舞輪舞
もてあそぶ。勝手に取り扱う。「舞文
奮い立つように励ます。「鼓舞
〈まい〉「舞子舞姫獅子舞(ししまい)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まい〔まひ〕【舞/×儛】
日本の芸能における演者の動き方の一種。「舞」は「まわる」の意で、元来は地をするような足づかいで巡り回る旋回動作をいい、跳躍動作をさす「踊り」と区別される。特に古代から中世にかけての舞踊は舞の要素が濃く、舞踊一般を広く舞といっていた。一般には、神楽(かぐら)舞楽白拍子(しらびょうし)曲舞(くせまい)幸若舞(こうわかまい)地唄舞などの舞踊をいう。
能で、を伴わずに囃子(はやし)の伴奏だけで行う舞踊部分。舞事(まいごと)。
狂言で、謡や器楽に合わせて行う舞踊部分。
幸若舞のこと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

まい【舞】
踊り(跳躍運動)と区別される舞踊表現。マウ,マワル動作を表す語で,モトオルという語義にも近く,ある中心をなすもののマワリをマワルこと,旋回運動を味する。本来は,神の依代(よりしろ)や神座(かみくら)を中心として,その周囲を繰り返し回りながら神がかりする,呪術宗教的な行動を意味した。沖縄県島尻郡の久高(くだか)島で12年に一度,の年に,5日間にわたって行われる入巫式イザイホーは,今もなお,舞の原形態をとどめており,また,小児遊戯の〈かごめかごめ〉は,神がかりの舞がぼやけて残った姿だといわれている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ぶ【舞】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)


まい
広く「舞踊」の意に用いる場合と、「踊(おどり)」に対する「舞」としてその異なる要素を区別していう場合とある。「舞踊」の語は1904年(明治37)坪内逍遙(しょうよう)の『新楽劇論』から一般的になっていったが、関西では古くから舞の形式が残存していたため、舞踊の意を舞、江戸では踊という習慣がある。舞は本来「まわる」「まわす」という動きを表す意味のことばで、巡り回る運動を主とし、足は高く上げず床を滑るようにする。古代に「隼人(はやと)舞」「倭(やまと)舞」「五節舞(ごせちのまい)」等々、中世に「幸若(こうわか)舞」「曲(くせ)舞」「白拍子(しらびょうし)舞」等々、数多くあり、能の舞が完成されている。「踊」が主として近世に大きな発展を遂げ、庶民的性格をもつのに対し、「舞」は時代的に古く、貴族的性格をもつといえる。京阪に伝わる「上方舞(かみがたまい)」は音楽が地唄(じうた)(地歌)のものが古典として多いところから「地唄舞」とよばれ、能の舞、あるいは文楽(ぶんらく)の人形の動きなどを取り入れ、独自の味を備えている。また「舞」は、「踊」「振」とともに日本舞踊を構成する技法の一つで、歌舞伎(かぶき)舞踊にも種々含まれている。[如月青子]
 能を演ずることを「能を舞う」というのは、すべての演技が写実を離れ、舞という様式性に統一され、抽象化されねばならないという、能の理念を端的に表している。狭義の舞は、クセのように、謡われる文章によって舞われるものと、序ノ舞、中(ちゅう)ノ舞、神楽(かぐら)、楽(がく)、獅子(しし)などの、器楽演奏だけによる無機的な舞(舞事(まいごと))に大別される。居グセのような不動の演技も、心が舞う、より高度の舞という考えであり、また能のドラマの頂点部分で、具体的表現をまったくもたぬ舞事が舞われるのも、能が再現写実と逆方向の演劇であることを示している。狂言にも舞の要素は豊富であるが、その多くが余興として舞われることは、能との本質的な違いである。[増田正造]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

まい まひ【舞】
〘名〙 (動詞「まう(舞)」の連用形の名詞化)
① 音楽または歌謡の調べに合わせて身体・手足を旋回するように動かし、さまざまの姿態を演ずること。→語誌。
※古事記(712)下・歌謡「呉床居(あぐらゐ)の 神の御手もち 弾く琴に 麻比(マヒ)する女(をみな) 常世にもかも」
② 能楽で、謡なしで伴奏器楽に合わせて、手をさしひき、足を踏むなど、基本的な型を続けてゆく演技。序の舞・早舞・男舞・楽・神楽・乱(みだれ)など。狂言では器楽のはいるものとはいらないものとがある。舞事。
※風姿花伝(1400‐02頃)一「舞・働の間、音曲、若くは怒れる事などにてもあれ、風度し出ださんかかりを」
③ 曲舞(くせまい)のこと。また、それを舞う女性。
※風姿花伝(1400‐02頃)二「まひ・白拍子、又は物狂などの女懸り」
④ 幸若舞のこと。
※信長公記(1598)一五「幸若八郎九郎大夫に舞をまはせ」
※咄本・無事志有意(1798)神遊び「おれはきついのがすきじゃによって舞をのみます」
[語誌](①について) 元来、「おどり」が跳躍運動であるのに対し、「まい」は旋回運動をさすものである。近世以降、上方においては、江戸長唄などを地とするもの、盆踊などのように手振りの種類が多く動きが派手なものを「おどり」と呼び、手振りの種類が少なく動きが静かなものを「まい」と呼ぶ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ま・う まふ【舞】
[1] 〘自ワ五(ハ四)〙
① ぐるぐる回る。めぐる。
※書紀(720)仁徳一一年一〇月(前田本訓)「飄風(つむしかせ)、忽に起て匏を引て水に没(しつ)む。匏、浪の上に転(マヒ)つつ沈まず」
※古本説話集(1130頃か)七〇「臥したる牛、立ち走りて、御堂ざまにまいりて、三廻りまふ」
② (音楽に合わせて)手足を動かし、ゆっくり回りながら、リズムに合った動作をする。→補注。
※古事記(712)中・歌謡「歌ひつつ 醸(か)みけれかも 麻比(マヒ)つつ 醸みけれかも この御酒の 御酒の あやにうただのし ささ」
※謡曲・百万(1423頃)「嬉しき人の言葉かな、それにつけても身を砕き、法楽の舞を舞ふべきなり」
③ 鳥などが、空を飛び回る。あちらこちら飛びめぐる。また、落葉、紙片などが、ひらひら飛ぶ。
※兼輔集(933頃)「ほととぎすなきまふ里の繁ければ山べに声のせぬもことわり」
④ (眩) 目がくらくらして、まわりのものが回るように感ずる。目が回る。目まいがする。
※延慶本平家(1309‐10)五本「目もまひ膝もふるふ事のある我身なれば」
⑤ あちこち走り回る。また、急いで行く。
※将門記承徳三年点(1099)「良正独り因縁を追慕して、車の如く常陸の地に舞(まヒ)廻る」
⑥ 世の中や人々の間を動き回って、身を処していく。→立ち舞う
⑦ 畑の作物が枯れる。特に、茄子(なす)についていう。
※咄本・醒睡笑(1628)七「惣別、茄子の枯るるをば、百姓みなまふといふなり」
[2] 〘他ハ四〙 買う。人形浄瑠璃社会でいう。
※滑稽本・戯場粋言幕の外(1806)下「『やん(〈注〉女郎)』を『舞(〈注〉カヒ)』てへ」
[補注](一)②の類義語に「おどる(踊)」があるが、それは本来、とびはねる意であるのに対し、「まう(舞)」は(一)①のように回る意で、もとは別意。→「まい(舞)」の語誌

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

舞の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation