@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

航海法【こうかいほう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

航海法
こうかいほう
Navigation Acts
イギリスが自国による貿易独占をはかった法律の総称航海条例ともいう。 14世紀末リチャード2世の治世より数次にわたって発布されたが,最も有名なのは清教徒革命中の 1651年共和国政府が制定したもの。イギリスとその植民地にヨーロッパ以外の地から輸入される商品は,船主,船長,船員の全部がイギリス人である船舶によって輸送されること,ヨーロッパからの輸入物品はイギリス船かその物品生産国または最初の積出し国の船で輸送すること,などを規定した。この法律は若干の変更を加えて 60年王政復古後も再確認されたが,60年の法律は以前の法律を強化したもので,船舶もイギリスまたはイギリス植民地で建造されたものを使用することがつけ加えられた。 63年の法律はさらにきびしいもので,ヨーロッパ諸国の商品は,イギリス本国を経由しなければならないとした。これらの法律により,植民地の商人はそれだけ余分な航海を強いられるとともに,2度のイギリス=オランダ戦争 (1652~54,65~67) の原因ともなった。しかしオランダの海上輸送の独占を打破して,イギリス海運の発展に寄与した。 18世紀後半より自由貿易の主張が強まるとともに,航海法も批判を受けるようになり,1849年廃止された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こうかい‐ほう〔カウカイハフ〕【航海法】
1651年、英国が貿易から外国船排除するために定めた法令。特にオランダ船仲介貿易から締め出す目的をもっていたので、第一次・第二次の英蘭戦争の原因となった。1849年廃止。航海条例。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうかいほう【航海法 Navigation Acts】
リチャード2世以来のイギリス政府が発布した海運・貿易規制のための諸法令の総称。航海条令とも訳される。とくに1651年の通称クロムウェル航海法,60年の海上憲章,63年の貿易促進法が重要で,これらの諸法令によって完成した航海法体系は,重商主義政策のとなった。51年法は,イギリスおよび植民地に輸入されるヨーロッパ以外の商品は,大部分の船員がイギリス人であるイギリス船で輸送さるべきこと,ヨーロッパ物産はイギリス船ないし生産国の船で輸入さるべきことなどを規定し,オランダ船による中継貿易の排除をめざした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

航海法
こうかいほう
Navigation Acts

航海条例ともいわれる。イギリス海運業の発達と貿易の保護ならびに王室収入の確保をねらいとする制定法の俗称。この趣旨の法律は14世紀以降しばしば制定されたが、ピューリタン革命期の共和国政府の出した1651年のものがもっとも有名である。ヨーロッパ以外の地域の産物をイギリスおよび植民地に運ぶ場合には、乗組員の大多数がイギリス人であるイギリス船もしくは植民地船に限ること、またヨーロッパの産物をイギリスあるいは植民地に輸入する場合は、イギリス船、産地国船もしくは最初の積出し国の船に限ることを規定した。これは、当時、北欧・バルト海を中心にヨーロッパの海運を支配していたオランダの中継貿易を排除することをねらったもので、制定直後に第一次イギリス・オランダ戦争を引き起こした。王政復古後の1660年に再制定され、また63年にはカリブ海域の物産の独占を図るためにさらに補強された。このように航海法はイギリス重商主義体制の基軸としての地位を占め続け、イギリスの植民地帝国の建設に多大の寄与をしたが、1820年代に入って自由貿易の主張の高まりとともにその規制は緩和され、ついに1849年に廃止された。

[今井 宏]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こうかい‐ほう カウカイハフ【航海法】
〘名〙
① (Navigation Acts の訳語) イギリスのクロムウェルが、一六五一年、イギリスの外国貿易から外国船を排除し、特にオランダの仲介貿易の覇権を打倒するために制定した条例。第一次・二次英蘭戦争の一因となった。一八四九年廃止。広義には、一四世紀以降、イギリスで制定された船舶・貿易の保護を目的とする諸法令の総称として用いられる。航海条例。〔英和商業新辞彙(1904)〕
② 航行中の船舶に適用される法律。
※蟹工船(1929)〈小林多喜二〉二「蟹工船は〈略〉『航船』ではない。だから航海法は適用されなかった」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

航海法
こうかいほう
Navigation Act
イギリス貿易から外国船を排除することを目的として出された法令
14世紀後半からしばしば発布されたが,クロムウェルとチャールズ2世によって出された1651・60・63年のものが最も有名。1651年には,ヨーロッパ以外の国の商品を輸入する際にはイギリス船によること,ヨーロッパ各地からの輸入品はその生産国の船かイギリス船で輸送されるべきこと,魚類はイギリス船で輸入すべきことなどを規定し,60・63年には主要商品のヨーロッパ大陸・イギリス植民地間の貿易は,必ず本国を経由すべきことを追加した。これはオランダ打倒を目標としており,英蘭戦争の原因ともなった。のちに,産業資本家が発達し,自由貿易が主張されるようになり,1849年廃止された。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

航海法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

航海法の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation