@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

航空法【コウクウホウ】

デジタル大辞泉

こうくう‐ほう〔カウクウハフ〕【航空法】
国際民間航空条約規定に準拠して、航空機航行の安全を図り、航空機による運送事業の秩序確立・発展を目的とする法律。昭和27年(1952)施行

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうくうほう【航空法】
国際民間航空条約の規定ならびに同条約の付属書として採択された標準方式および手続に準拠して,航空機の航行の安全および航空機の航行に起因する障害防止を図るための方法を定め,ならびに,航空機を運航して営む事業の秩序を確立し,もって航空の発達を図ることを目的とする法律(1952公布)。旧航空法は国際航空条約に基づいて1921年に公布されたが,50年,国内航空運送事業令の制定により廃止され,さらに同令にかわって制定されたのが現在の航空法である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こうくうほう【航空法】
航空機の航行の安全、航空機による運送事業などの秩序の確立を目的とする法律。1952年(昭和27)制定。国際民間航空条約の規定に準拠して、航空機の登録・安全性・運航・航空従事者の免許、航空路・飛行場・保安施設、航空運送事業・外国航空機などについて規定する。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

航空法
こうくうほう
航空に関する法。狭義でいう空法と同じ。世界の各国はそれぞれ航空条約を結び、国内法の航空法または航空法典をもっている。わが国では国内法としては、1952年(昭和27)の航空法が現行法となっている。この航空法は1944年のシカゴ国際民間航空条約と条約付属書に準拠して、航空の安全を図る方式と航空事業の秩序を確立し、航空発達を目的としている。内容は、総則、航空機の登録と安全性、航空従事者、航空路、飛行場、航空安全施設、航空機の運航、航空運送事業、外国航空機などに関する事項について定めている。[池田文雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こうくう‐ほう カウクウハフ【航空法】
〘名〙 航空に関する行政上の取締りのために、国際民間航空条約に基づいて制定された法律。航空機の登録、航空従事者の免許、航空路、飛行場、航空保安施設、航空運送事業、外国航空機の取り扱いなどについて規定する。昭和二七年(一九五二)公布。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

航空法
こうくうほう
空法」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

航空法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

航空法の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation