@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

航空自衛隊【こうくうじえいたい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

航空自衛隊
こうくうじえいたい
主として防空を担当する自衛隊航空幕僚監部ならびに統合幕僚長および航幕僚長の監督を受ける部隊および機関。空からの外敵の侵入に対して,できるかぎり国土から離れた空域で迎え撃ち,国土と国民の被害を防ぐほか,大規模災害に際しては航空機による偵察人員物資輸送を,さらには国際緊急援助活動などの国際平和協力業務を行なう。 1954年7月防衛庁設置に伴い発足。 2007年1月防衛庁の防衛省昇格により防衛省所管となる。防空の実戦部隊である北部,中部西部の三つの航空方面隊と南西航空混成団で構成される航空総隊を中心に,航空教育集団,航空支援集団,航空開発実験集団,補給本部などで編成されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

航空自衛隊
1954年に発足。実員は4万5733人(2007年3月末現在)。戦闘機F15J(203機)、F4EJ(91機)、支援戦闘機(攻撃機)F2(75機)、偵察機RF4E(22機)、練習機約350機、輸送機約60機などを持つ。対空ミサイルは「パトリオット」24個高射隊。早期警戒体制として全国に28カ所のレーダーサイトのほか、空中警戒管制機E767(4機)、空中早期警戒機E2C(13機)、移動用レーダーも持つ。
(田岡俊次 軍事ジャーナリスト / 2008年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

こうくう‐じえいたい〔カウクウジヱイタイ〕【航空自衛隊】
自衛隊の一。航空幕僚監部、航空総隊・飛行教育集団・航空救難隊などの部隊、各種学校などからなり、航空幕僚長補佐を受けた防衛大臣統括の下に防空を主な任務とする。昭和29年(1954)設置。空自

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうくうじえいたい【航空自衛隊】
対外的にはAir Self Defense Forceと称し,略称ASDF。1954年,自衛隊法により陸上自衛隊,海上自衛隊と並んで創設され,政府の公式見解では憲法上の制約により軍隊ではないとされているが,各国空軍と同じ任務をもち,同じような編成,装備になっており,国際法上は軍隊として取り扱われている。
【任務】
 航空自衛隊は,防衛庁長官指揮を受け,陸上自衛隊,海上自衛隊と協力し,侵略に対して日本を防衛することをおもな任務とする。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

こうくう‐じえいたい カウクウジヱイタイ【航空自衛隊】
〘名〙 自衛隊の任務のうち、主として空において行動することを任務とする部隊。航空隊、ミサイル防空部隊、レーダー部隊などがあり、未確認機に対するスクランブル(緊急発進)を行なっている。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

航空自衛隊
こうくうじえいたい

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

航空自衛隊」の用語解説はコトバンクが提供しています。

航空自衛隊の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation