@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

航行衛星【こうこうえいせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

航行衛星
こうこうえいせい
navigation satellite
船舶や航空機に各自の位置を知らせ,その航行を助けるための人工衛星。従来は,天体を利用する天文航法や,レーダロランを使う電波航法であったが,近年,人工衛星を利用する方法が考えられるようになった。2つの方式があり,1つは天文航法と同じで,ある時刻における衛星の位置と水平面との角度をはかり,自分の位置を算出するもの。もう1つはドップラー効果を利用し,衛星からの送信電波周波数の変化を測定することにより,自分の位置を割出すものである。航行衛星を使えば,昼夜の別なく,またどんな天候でも船舶や飛行機は自分の位置を知ることができる。アメリカでは 1960年からトランシット・シリーズを,89年より GPSナブスタ衛星を打上げており,潜水艦や一般の舶もこれを利用している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こうこう‐えいせい〔カウカウヱイセイ〕【航行衛星】
電波を発して、航行中の船舶や航空機にその位置を教える働きをもつ人工衛星。航海衛星

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうこうえいせい【航行衛星 navigation satellite】
航海衛星ともいう。観測者(船や航空機など)の位置の測定(測位という)を援助するための人工衛星で,人工衛星を使った測位方式を航行衛星システムと呼ぶ。 航行衛星の開発は,ソ連のスプートニク1号の発信する電波の周波数が,ドップラー効果によって変動することに着目したアメリカのジョンズ・ホプキンズ大学アメリカ海軍により行われ,1960年には最初の航行衛星トランシット1B衛星が打ち上げられた。その後64年7月アメリカ軍により海軍航行衛星システムNavy Navigation Satellite System(NNSS)として運用が開始され,67年以後はNNSSの一部が民間用に公開された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こうこうえいせい【航行衛星】
船舶や航空機などの移動体に、電波によって正しい現在位置を示す人工衛星。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

航行衛星
こうこうえいせい

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

航行衛星」の用語解説はコトバンクが提供しています。

航行衛星の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation