@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

船主【センシュ】

デジタル大辞泉

せん‐しゅ【船主】
船の持ち主。ふなぬし。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふな‐ぬし【船主】
船の所有者。せんしゅ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せんしゅ【船主】
船舶所有略称広義では船舶所有権を有する者をいうが,狭義では,舶を所有し,かつそれを商行為(たとえば運送営業など。商法502条参照)をなす目的をもって航海の用に供する者をいう(684条参照)。船主という語は,漁船の船主とか,外洋ヨットの船主などとも用いられるが,通常は,主として商法上の規整対象である海上企業者としての狭義の船主を指す場合が多い。船舶を所有する形態は,個々の船主がそれぞれ単独で所有する場合もあれば,複数で共有(船舶共有)する場合もある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

せん‐しゅ【船主】
〘名〙 船の所有者。船の持主。ふなぬし。
※随筆・秉燭譚(1729)五「しかれば郷談の俗には、船主と云、正音には噠と云」
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一「その代りに煤炭(せきたん)を積み入れんことを船主と約し」 〔南史‐厳植之伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふな‐ぬし【船主】
〘名〙
① 船の所有者。船持。せんしゅ。
※常陸風土記(717‐724頃)香島「天の大神、昧爽(よあ)けて後に、宣りたまひしく、汝が舟は海の中に置きつ、とのりたまひき。舟主(ふなぬし)仍りて見るに、岡の上にあり」
② ふなおさ。船長。
※高野日記(1372頃)「ろもかひもわれらはとらで法のみち、ただふなぬしをたのみてぞゆく」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

船主
ふなぬし
船舶所有者」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

船主」の用語解説はコトバンクが提供しています。

船主の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation