@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

船員保険【センインホケン】

デジタル大辞泉

せんいん‐ほけん〔センヰン‐〕【船員保険】
船員およびその被扶養者病気負傷失業死亡などに対して保険給付を行う社会保険

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

船員保険
船員を対象とした社会保険制度。2009年末までは国が所管し、社会保険庁廃止に伴って健康保険部分は「全国健康保険協会」に移管された。雇用保険労災保険は一般制度に組み込まれたが、制度が変更される前の労災は同協会が申請窓口になっている。
(2016-02-20 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

船員保険
船員を対象にした総合的な社会保険制度。2010年から雇用と労災は一般の保険に統合され、健康保険は全国健康保険協会に移管された。1954年当時の労災は制度改革前のため、全国健康保険協会船員保険部が管轄し、引き続き船員保険から給付される。船員保険部が労災と認めない場合は、地方厚生局審査請求できる。
(2016-12-24 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

世界大百科事典 第2版

せんいんほけん【船員保険】
船員として船舶所有者に雇用される者およびその家族に対して,各種の保険給付を行う社会保険。戦時体制下にあった1939年に,船員の保護とそれによる海上輸送力の確保を意図して船員保険法が制定され,翌年から実施された。長い間,陸上の民間労働者の社会保険の4部門(健康保険,厚生年金保険,雇用保険,労働者災害補償保険)のすべてを包括する総合保険として運営されていたが,1971年度以降の加入者数の急激な減少の影響を受けて年金部門の運営が困難になったため,85年の年金改正では業務外の年金部門が厚生年金保険に統合された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

船員保険
せんいんほけん

日本の社会保険の一制度。保険者は政府、被保険者は船員法(昭和22年法律100号)の適用を受ける船員である。1939年(昭和14)に船員保険法(昭和14年法律73号)に基づいて、海上生活をしている船員の生活の保障を内容として発足した。当初からの特色は、療養の給付・傷病手当金のほかに、当時まだ陸上労働者になかった年金制度に重点が置かれていたことである。一般被用者とは別個の制度がつくられていることは、海上労働という特殊性に基づくもので、外国でもその例は多い。第二次世界大戦後における労災保険・失業保険制度の制定に伴って、船員保険もこの二つを包括し、陸上労働者の健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険のすべてを一括する制度となった。このような船員保険を称して総合的社会保険とよび、その特殊性を表現している。しかし、陸上労働者に対する社会保険との関係で均衡のある制度の整備が望まれるのは当然としても、被保険者数の減少という状況は注目されるべきで、85年(昭和60)の法改正で年金部門は厚生年金に吸収されることとなった。

[佐口 卓]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せんいん‐ほけん センヰン‥【船員保険】
〘名〙 船員を対象とする政府管掌の社会保険。船員およびその家族または元船員の疾病、負傷、死亡などに関して保険給付を行なう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

船員保険」の用語解説はコトバンクが提供しています。

船員保険の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation