@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

船員法【せんいんほう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

船員法
せんいんほう
昭和 22年法律 100号。船舶航海を安全にするため,船長職務権限と船内紀律を定めるとともに,海上労働の特異性を考慮し,船員について一般陸上労働と異なる労働基準を定めた法律。船長の職務権限としては,海員に対する指揮命令権,在船義務,遭難船の救助義務などを定め,船舶紀律に関しては,船長の海員懲戒権,強制下船命令権,海員の命令服従義務,争議行為の制限などを規定している。船員の労働基準に関する規定は,労働基準法の特別法をなすものであり,雇い入れ契約,給料その他の報酬,労働時間,休日および定員有給休暇食料ならびに安全衛生,年少船員および女子船員,災害補償などについて特殊な規定を設けている。船員法の監督は船員労務官が担当する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せんいん‐ほう〔センヰンハフ〕【船員法】
船舶の安全な航行のため、船長の職務権限、船内規律、船員の労働条件などを定める法律。昭和22年(1947)施行

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せんいんほう【船員法】
船員(船長,海員,予備船員)を対象とする法律で,危険な海上の船舶の運航の安全をはかるための公法的規定と,労働者としての船員のための労働基準法的規定とから成る。1899年制定の旧船員法は船長の職務権限,船員手帳,雇入契約(乗船契約)の公認,規律などを定める公法的性格のものであり,海員の食料,傷病死給付,給料,雇入れ・雇止め・送還等の労働保護的規定は,同年制定の商法の海商編のなかに置かれていた。その後1937年に船員法が改正され,海商編中の労働条件関係規定と船員最低年齢法(1923公布)とを吸収して,ほぼ現在の船員法の形式をもつに至った。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せんいんほう【船員法】
船長の職務権限、船内規律、船員の労働条件を定めた法律。1947年(昭和22)制定。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

船員法
せんいんほう
船員に対する労働保護と公法的取締りの二つの目的をもつ法律。昭和22年法律第100号。前者は、船員の労働条件について規定するいわば「海上労働基準」であり、内容としては雇入れ契約(労働契約)、給料その他の報酬、労働時間、休日、有給休暇、定員、食料の支給、衛生(医師、衛生管理者の配乗)、災害補償、就業規則などを規定する。後者は、船員労働が貴重な人命、財貨の安全輸送に深くかかわるので、その監督のための取締り規定を定めている。船長の職務権限として、海員(船長以外の乗組員)に対する指揮命令権、懲戒権、発航前検査義務、直行義務、在船義務、書類の備置義務、船内にある者に対する命令権、海員の船内紀律(規律)について規定している。これらの取締り規定の存在は本法の特徴であるが、とくに争議行為の制限に関する規定が定められていることは、陸上の労働関係法規と著しく異なる点である。
 船員法の沿革は1899年(明治32)制定の旧船員法に始まるが、その後国際海上労働条約の規定を取り入れ、商法の海商編から船員に関する規定を移し、1937年(昭和12)に全面的改正を行っている。第二次世界大戦後は新憲法の精神に基づき全面的改正が行われ、新しく制定された労働法体系との整合が図られたが、海上労働の特異性から船員労働に対する規制の面がかなり残存している。62年(昭和37)には、総トン数700トン以上2000トン未満船舶の乗組員の労働時間、予備船員の解雇予告、負傷、疾病船員および産前・産後船員の解雇制限などを新たに定めることとした労働条件の改善と、異常気象などの通報、非常配置表の作成、非常の際のための操練の実施などを船長に新たに義務づけた船舶航行の安全確保のための改正が行われた。また70年には、非常の際に船長は船舶と運命をともにするものと解されていた、いわゆる「船長の最後退船義務」規定が削除された。また、83年(昭和58)には、「1978年の船員の訓練及び資格証明並びに当直の基準に関する国際条約(STCW条約)」の国内法化として「航海当直の実施」が義務づけられた。88年には、700トン未満の船舶の乗組員の労働時間が週40時間と定められた。さらに、「1995年のSTCW条約」を受けて、自国内に入港した外国船舶を監督する機関として、外国船舶監督官の新設が定められた。このように、発展途上国の船員が乗り込む便宜置籍船などの急増もあって、船員の技能水準の向上を確保するための国際条約が発効し、それに伴う船員法の改正が相次いで行われている。[天野和治]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せんいん‐ほう センヰンハフ【船員法】
〘名〙 船長の職務権限と船内規律、および船員の労働条件を定めた法律。現行法は昭和二二年(一九四七)制定。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

船員法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

船員法の関連情報

関連キーワード

ナタリー コーグリンナタリー コーグリンマイケル フェルプスラノミ クロモビジョヨ期待値ラノミ クロモビジョヨネーサン エードリアンシェリー・アン フレーザー・プライスネーサン エードリアンリスベス トリケット

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation