@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

船弁慶【ふなべんけい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

船弁慶
ふなべんけい
能の曲名 五番目物 (→尾能 ) 。観世小次郎信光作。源義経は兄頼朝の疑いを受け,と別れ,大物浦からを出す。そこに平知盛亡霊が出て義経を海に沈めようとするが,弁慶の祈りにより退けられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

船弁慶
ふなべんけい
伎舞踊曲,長唄。 1885年東京新富座で9世市川団十郎の静と知盛,1世市川左団次の弁慶,4世中村芝翫の舟長 (ふなおさ) により初演新歌舞伎十八番の1つ。河竹黙阿弥作詞,3世杵屋正次郎作曲,1世花柳寿輔振付。明治3 (1870) 年に楽師日吉吉右衛門の吾妻能狂言で2世杵屋勝三郎作曲したものを仕立て直した。謡曲をほぼそのまま歌舞伎化した松羽目物で,前シテの静御前と後ジテの平知盛の幽霊を踊り分ける。静と義経の別れの舞の哀愁と,知盛の妖気がおもな見どころ。幕外の引込みは出囃子を使って勇壮にする。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ふなべんけい【船弁慶】
謡曲。五番目物観世信光作。平家物語などに取材。源義経一行は摂津大物浦(だいもつのうら)静御前と別れて船出する。海上平知盛の亡霊に襲われるが、弁慶が祈り退ける。
歌舞伎舞踊。長唄今様能の長唄(2世杵屋勝三郎作曲)を河竹黙阿弥改作し、3世杵屋正次郎が作曲。明治18年(1885)東京新富座で、9世市川団十郎が初演。新歌舞伎十八番の一。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

船弁慶
古典落語の演目のひとつ。上方ばなし。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ふなべんけい【船弁慶】
日本の芸能の題名。(1)能 五番目物観世信光(のぶみつ)作。前ジテは静御前。後ジテは平知盛の怨霊。源義経(子方)は,兄頼朝との不和から都落ちをするはめになり,武蔵坊弁慶(ワキ)ら小人数を連れて西国に向かう。途中,摂津の大物ノ浦(だいもつのうら)の船宿で,あとを慕ってきた静御前(前ジテ)をさとし,都へ帰らせることにする。静は義経の前途の幸を祈って舞を舞い(〈クセ・中ノ舞または序ノ舞〉),涙ながらに立ち去る。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ふなべんけい【船弁慶】
能の一。五番目物。観世信光作。西国に落ちる源義経が摂津国大物浦だいもつのうらで静御前と別れ船出ののち、海上で平知盛とももりの亡霊に会うが、弁慶がこれを祈り伏せる。
歌舞伎舞踊の曲名。長唄。新歌舞伎十八番の一。の今様能を河竹黙阿弥が改作。1885年(明治18)東京新富座初演。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

船弁慶
ふなべんけい
能の曲目。五番目物。五流現行曲。観世(かんぜ)小次郎信光(のぶみつ)作。現代も『葵上(あおいのうえ)』とともに人気曲の随一。兄源頼朝(よりとも)と不和になった源義経(よしつね)(子方)は、弁慶(ワキ)ほか、わずかの従者(ワキツレ)を伴って都を落ち、大物(だいもつ)の浦に着く。弁慶は、後を慕う静(しずか)(前シテ)を、この危急のおりにふさわしくないと主君に進言し、静は悲しみつつも別離の宴に舞い、都へと帰って行く。舟が海上に出ると、にわかに嵐(あらし)がおこり、平家の亡霊が波間に浮かぶが、なかでも平知盛(とももり)(後シテ)は、薙刀(なぎなた)を振るって襲いかかる。義経は刀を抜いて渡り合うが、弁慶の必死の祈りにより、ついに怨霊(おんりょう)は退散する。哀切・優艶(ゆうえん)と、悽愴(せいそう)・豪快な前後の場面の対照がみごとで、同じシテの役者が、性格の違う男と女の役を演じ分ける興味も大きい。義経を少年に演じさせるのは能の慣習だが、ツレとして大人が演ずる場合もある。ワキは前後の場面の軸となる大役で、嵐の描写をする間(あい)狂言の船頭の役も重要である。簡素を極める舟の作り物も、船頭自身が持って舞台に走り出るが、場面の転換と、海上に孤立する空間を如実にくぎり、優れて効果的である。怒濤(どとう)の描写音楽として大鼓・小鼓が用いられるのも、作者の画期的なくふうであった。各流にさまざまな演出のバリエーションがある。『義経(ぎけい)記』『源平盛衰記』『平家物語』による創作で、嵐にあった記録は『吾妻鏡(あづまかがみ)』にもある
 歌舞伎(かぶき)舞踊『船弁慶』は、明治の初めに今様(いまよう)能の長唄(ながうた)(2世杵屋勝三郎(きねやかつさぶろう)作曲)としてつくられたものを、河竹黙阿弥(もくあみ)が改作し、2世杵屋正次郎(しょうじろう)作曲、初世花柳寿輔(はなやぎじゅすけ)振付けで、1885年(明治18)11月、東京・新富座で9世市川団十郎が新歌舞伎十八番の一つとして初演。初演は好評でなかったが、6世尾上(おのえ)菊五郎が演出にくふうを加えて繰り返し上演し、以来人気曲となった。[増田正造]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふなべんけい【船弁慶】
[一] 謡曲。五番目物。各流。観世小次郎信光作。源義経は兄頼朝の疑いを解くために武蔵坊弁慶以下の従者を連れて都を落ちて摂津国大物浦(だいもつのうら)に着く。都から義経を慕ってついて来た静御前を、ここから帰すことになり別れの宴を開く。やがて船をこぎ出すとにわかに海上が荒れて、平知盛の亡霊を始め、平家の面々が現われて、義経を海に沈めようとするが弁慶に祈り伏せられる。
[二] 長唄。二世杵屋勝三郎作曲。明治三年(一八七〇)初演。日吉吉左衛門が能「船弁慶」に取材し、吾妻能狂言として作ったもの。
[三] 歌舞伎所作事。長唄。河竹黙阿彌作。三世杵屋正次郎作曲。明治一八年(一八八五)東京新富座初演。初世花柳寿輔振付。新歌舞伎十八番の一つ。九世市川団十郎が静と知盛を演じた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

船弁慶
ふなべんけい
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
初演
享保4.11(江戸城二の)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

船弁慶
〔長唄〕
ふなべんけい
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
作者
河竹黙阿弥
初演
明治18.12(東京・新富座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

船弁慶」の用語解説はコトバンクが提供しています。

船弁慶の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation